能取岬の森と浜辺~2014夏・北海道旅行・その3~

能取岬を後にして

7月、早朝の能取岬~2014夏・北海道旅行・その2~
さて2014年の夏休みの記録の続きです。 7月の道東の日の出は早いのです。4時には薄明るくなってきております。早朝は野生動物も活発で、フィールドも人間に荒らされていない時間帯。もう気になって仕方ないので、妻を置いて部屋を出ます。 この日の網走は快晴。ホテルを出ると快晴の空に迎えられます。 さてどこに行くかですが、アザラシ的には網走湖と能取岬...

道もようよう着いていない早朝の森の中をうろうろします。極浅い森なので迷うことも無いだろうけど、人っ子一人いない森を歩くのも良いものです。でかい動物が出てきたら嫌だろうけど、まぁクマはいないだろうしエゾシカくらいか。。。
倒木に群れる朝露に濡れた毒キノコ。
IMG_0855.jpg
ちょっと木が開けると地面がシダで覆われていたり。
IMG_0852.jpg
海を見下ろす崖の上に出ます。しかしこの季節は草木が繁っていて崖の下の眺望が効かず、何年か前にアザラシが上がっていた岩場もなかなか見つけられず、時間ばかり経ちます。
人間の記憶なんてそんなもんです、、、道に迷うような地形ではないけど、探し物が見つからないのは若干焦ります。
IMG_0851.jpg
と、あっちこっちとうろうろしているうちに、どうも崖下に降りられそうなロープが木の幹から斜面の下に垂れている細い道を見つけました。ウワサでは能取岬の崖下の浜に降りられる場所があると聞いていましたし、能取岬の浜辺で撮っている写真を見たことがあったので気になっていましたが、それがここの降り口か。。。!
IMG_4468.jpg
しかも崖下にはアザラシが上がるに良さそうな岩場も見えます。ざっくり双眼鏡で眺めたところ、さすがに岩場の周囲にアザラシはいないようですが。
IMG_4463.jpg
なかなかの急坂を降りていきます。これは冬は雪が積もって凍りついたら、降りる時には軽く滑落の危険があり、上がるのはもっと苦労するかも。軽アイゼンでもあったら楽かもしれません。夏ならロープや手を使わなくても登り降りできるくらいでしたが、一本道の上にスズメバチが飛んできましたのであまりいい気分ではない・・・。北海道の怪我者数はヒグマより多いスズメバチ。嫌な情報です。こんなのに刺されたら命はともかく、楽しい北海道旅行がぶち壊しになります。
崖自体はたいした高さもないので、3分くらい急坂を下りると視界が開け浜へ。
IMG_0863.jpg
浜には誰もいない。なかなか静かで落ち着いた良い浜が拡がっていました。
IMG_4450.jpg
目の前にはアザラシが上がりそうな岩場が何ヵ所か。水深がわからないですが浜からのぱっと見の感じでは、アザラシが上がってもおかしくなさそう。海が静かになる冬の楽しみがひとつ増えました。
IMG_4433.jpg
今はウミウの楽園になっているようですが、こっちの岩にもアザラシが冬には上がるかな?礼文島の感じに似ている。
IMG_4432.jpg
しかしオホーツク海側というのにハングルが入った漂着ゴミ。
IMG_4455.jpg
韓国から流れてきたのか、日本に来た韓国人が捨てたのかわかりませんが、左上は『「ジョージア サントスプレミアム」 。ミルクと砂糖には北海道産乳・糖に加え北海道産生クリームを使用しています。北海道では、「北海道限定デザイン缶」を販売し、売上の一部を財団法人北海道環境財団に寄付することで、自然保護活動を応援しています。』とのこと。企業がいくら素晴らしい取り組みをしていても消費者がぶち壊しにしていてはどうしようもない・・・。
崖の上にまた猛禽。なんでしょうね???
IMG_4422.jpg
再びトビ。さっき岬で見たやつかな?やっぱりトビも絵になる。
IMG_4420.jpg
しばらく浜に滞在してぼんやりしていましたがそろそろ戻らないと妻が騒ぎだしかねない時間です。崖をよじ登り、森を抜け、車に乗って、網走の街に戻り、ホテルに戻って妻と合流し、チェックアウトをしたらいよいよ知床を目指して出発です。
なかなかの収穫があった夏の能取岬でした。冬に収穫が楽しみな種を拾って帰ってきました。冬を楽しむのは夏の蓄えが大切です。

旅の続きはこちら。

網走から知床ウトロ側へ。フレペの滝周辺~2014夏・北海道旅行・その4~
北海道上陸二日目。旅の記録の続きです。 網走を後にして、国道244号線をオホーツク海に沿って東へ。知床を目指します。 、、、と思ったら、ちょっと停車。 網走市の市境には濤沸湖という湖が拡がっています。この湖畔には草が生え、馬が放牧されていました。北海道らしい風景で思わず車を止めます。 馬は競争用のサラブレッドではなく、足が太くて短い種...

コメント

タイトルとURLをコピーしました