アザラシとアシカ(オットセイ・トドなど)の違い

アザラシの基礎的な話

アザラシの仲間とアシカの仲間(トドやオットセイ、オタリアなど)の見分け方はご存知でしょうか?

私もアザラシに嵌る前は「なんとなく色が茶色っぽくて単色なのがアシカの仲間。灰色っぽくて模様があるのがアザラシかな?」程度に過ごしてきました。が、もうちょっとしっかりとした違いがあります。

アザラシとアシカの違い① 後脚の使い方(歩き方・泳ぎ方)が違う

アザラシとアシカで一番違うのは、後脚の使い方です。より海中の環境に適合し、一方で陸上で四つ足で立てなくなるように進化しているのがアザラシ、そこまで行かず陸生の四つ足動物のように歩くのがアシカです。実際に写真や動画で紹介します。

以下の写真はアザラシ。

アザラシは、前脚だけで体を支えられるほどではなく、また前脚と後脚で四本足で立つことはできず、横たわっているような感じです。

以下はアシカの仲間。

アザラシに比して、アシカは後脚が陸上哺乳類の使い方に近いことが分かると思います。

これらは実際に陸上を歩く(アザラシの場合は歩くと言うより這うという表現のほうが実態に近いのですが)動画を見ていただくと顕著。おたる水族館の飼育個体の歩行の様子を紹介します。

まずはアザラシの歩く様子から。這って歩く様子が見てとれます。アザラシは「芋虫のように這って歩く」と言いますが、なるほど、、、と思います。

ついでアシカ(の仲間のトド)の歩く様子。四本足で歩いているのが分かると思います。

こうやって並べて見ると移動の仕方がだいぶ違うのが分かるのではないでしょうか。

泳ぎ方も随分違うのですが、アザラシファンの私はアシカの泳ぐ動画を持っていないのでした。。。今度撮ってきてアップします。とりあえずアザラシの動画のリンクだけ貼っておきます

アザラシとアシカの違い② 耳たぶが無いのがアザラシ、有るのがアシカ

アザラシとアシカは耳たぶの有無が異なります。

まずはアザラシの耳の様子。目の横にぽつっと穴がありますが、これが耳の穴。

次いでアシカの仲間。小さいながらも耳たぶが有るのが分かると思います。

上の前脚・後脚の差に比べて些末なことに見えてしまいますが、海中で水の抵抗を受けたり熱を放出したりする耳たぶが無いアザラシのほうがより海中への適応が進化していると言えるのかもしれません。

これで、動物園や水族館でアザラシとアシカは迷わないはず!

ま、鰭脚類にはアザラシとアシカの他にセイウチもいますが、これをアザラシやアシカと間違うことは無いでしょう。。。

セイウチのウチオくん(おたる水族館)

(参考資料)世界に生息する鰭脚類の分類

鰭脚類(アシカ・セイウチ・アザラシ3科)の種名リストです。種名が太字で備考にがある種は日本近海に生息する(生息していた)種です。

科名属名和名学名備考
アシカ科ミナミオットセイ属ミナミアメリカオットセイArctocephalus australis
アシカ科ミナミオットセイ属ニュージーランドオットセイArctocephalus forsteri
アシカ科ミナミオットセイ属ガラパゴスオットセイArctocephalus galapagoensis
アシカ科ミナミオットセイ属ナンキョクオットセイArctocephalus gazella
アシカ科ミナミオットセイ属フェルナンデスオットセイArctocephalus philippii
アシカ科ミナミオットセイ属ミナミアフリカオットセイArctocephalus pusillus
アシカ科ミナミオットセイ属グアダルーペオットセイArctocephalus townsendi
アシカ科ミナミオットセイ属アナンキョクオットセイArctocephalus tropicalis
アシカ科キタオットセイ属キタオットセイCallorhinus ursinus
アシカ科トド属トドEumetopias jubatus
アシカ科オーストラリアアシカ属オーストラリアアシカNeophoca cinerea
アシカ科オタリア属オタリアOtaria byronia
アシカ科ニュージーランドアシカ属ニュージーランドアシカPhocarctos hookeri
アシカ科カリフォルニアアシカ属カリフォルニアアシカZalophus californianus
アシカ科カリフォルニアアシカ属ニホンアシカZalophus japonicus
絶滅
アシカ科カリフォルニアアシカ属ガラパゴスアシカZalophus wollebaeki
セイウチ科セイウチ属セイウチOdobenus rosmarus
アザラシ科ズキンアザラシ属ズキンアザラシCystophora cristata
アザラシ科アゴヒゲアザラシ属アゴヒゲアザラシErignathus barbatus
アザラシ科ハイイロアザラシ属ハイイロアザラシHalichoerus grypus
アザラシ科クラカケアザラシ属クラカケアザラシHistriophoca fasciata
アザラシ科ヒョウアザラシ属ヒョウアザラシHydrurga leptonyx
アザラシ科ウェッデルアザラシ属ウェッデルアザラシLeptonychotes weddellii
アザラシ科カニクイアザラシ属カニクイアザラシLobodon carcinophaga
アザラシ科ゾウアザラシ属キタゾウアザラシMirounga angustirostris
アザラシ科ゾウアザラシ属ミナミゾウアザラシMirounga leonina
アザラシ科モンクアザラシ属チチュウカイモンクアザラシMonachus monachus
アザラシ科ハワイモンクアザラシ属ハワイモンクアザラシNeomonachus schauinslandi
アザラシ科ハワイモンクアザラシ属カリブカイモンクアザラシNeomonachus tropicalis絶滅
アザラシ科ロスアザラシ属ロスアザラシOmmatophoca rossii
アザラシ科タテゴトアザラシ属タテゴトアザラシPagophilus groenlandicus
アザラシ科ゴマフアザラシ属ゴマフアザラシPhoca largha
アザラシ科ゴマフアザラシ属ゼニガタアザラシPhoca vitulina
アザラシ科ワモンアザラシ属カスピカイアザラシPusa caspica
アザラシ科ワモンアザラシ属ワモンアザラシPusa hispida
アザラシ科ワモンアザラシ属バイカルアザラシPusa sibirica
日本哺乳類学会が作成する「世界哺乳類標準和名リスト2021年度版(https://www.mammalogy.jp/list/)」を海獣記(https://pixisuke.com/)が項目の入れ替えや一部の赤太字化などをして掲載しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました