水族館や動物園の海獣たち

海獣飼育施設

水族館・動物園で飼育されているアザラシやアシカなどを見るために、全国各地の水族館や動物園を回っています。こちらではその各施設を回った記録を紹介しています!

北海道

オホーツクとっかりセンター(紋別市)

オホーツクとっかりセンターはアザラシだけを飼育している全国唯一のアザラシ専門施設です。飼育頭数・飼育種数も多く、繁殖もしていますし、アザラシの保護活動も行っています。その施設の特性から、聖地と呼ばれるにふさわしい施設です。

この施設がオホーツク海側の中心だけど人口2万人ほどの街にあるのが素敵です。またこちらの施設の飼育アザラシは穏やかで個性的なアザラシが多く、顔にもそれがにじみ出ているように思います。

個人的には最も訪問回数が多いアザラシ飼育施設です。大きい施設ではありませんが飽きることはありません。

流氷シーズン真っ盛りのゴマフアザラシ 2008年2月11日
凍ったプールのアザラシと流氷の上で転がる野生のアザラシ
とっかりセンターのクリスマス 雪まみれになるアザラシたち 2007年12月25日
とっかりセンターのクリスマスの様子2日目
とっかりセンターのクリスマス コムケサンタ2007 2007年12月24日
とっかりセンターのクリスマスの様子 1日目
春近いとっかりセンター 2007年3月6日
3月の陽気もだいぶ穏やかになったとっかりセンターの様子
2007年の流氷ととっかりセンター 2007年2月11日
流氷シーズンに入ったとっかりセンターの賑わいを追います
流氷ととっかりセンター 2007年2月10日
流氷シーズンに入ったとっかりセンター
さらに盛り上がるアザラシファン御一行様ととっかりセンター 2006年8月27日
さらに盛り上がるアザラシマニアとオホーツクとっかりセンターのアザラシども
紋別に来ています
約半年ぶりに紋別に来ています。 今日の紋別は暑いです。アザラシもお客さんも職員さんも暑そうでした。 写真はヨダレをたらしているワモンアザラシのもんちゃん。ただで...
アザラシファン御一行様のとっかりセンター 2006年8月26日
アザラシマニアとオホーツクとっかりセンターのアザラシども
今夜のアザラシ番組(NHK つながるテレビ@ヒューマン)
6月24日今夜21時58分~NHK つながるテレビ@ヒューマンという番組にとっかりセンターとそのアザラシが出るそうです。 この番組ではオホーツクとっかりセンター...
紋別に行ってきました
 先回の投稿からすこぶる忙しくなかなか更新できませんでしたが、一回札幌に戻って紋別に行ってまいりました。紋別では流氷は見られなかったものの海にふよふよ浮いている...
ガリンコ号とオホーツクタワーの野生アザラシ 2006年2月19日
ガリンコ号・オホーツクタワー・野生のゴマフアザラシ

おたる水族館

日本海側の小樽市にある海獣飼育が日本有数の規模の水族館。とっかりセンターが”聖地”なら、こちらは”海獣王国”。アザラシは日本近海に住む5種すべてを飼育展示していたこともありますし、ゴマフ・ゼニガタアザラシの飼育頭数はぶっちぎりで日本一。2004年には世界で初めて飼育下環境でワモンアザラシの繁殖にも成功しています。アザラシ以外にもトド・オタリア・セイウチ・イルカなど海獣だらけなのです。また↓の記録でも紹介していますが、水族館の裏に野生のアザラシが来ることもあります。

ゴマフアザラシとゼニガタアザラシにはお客さんが餌をあげることができます。海獣王国・おたる水族館は、このエサをめぐって激しい奪い合い・抗争が連日繰り広げられている修羅の国でもあるのです。

6年ぶりにおたる水族館へ 2012年11月17日
海獣界の雄、おたる水族館の様子をアザラシを中心に紹介します。早くも初冬です
今期営業最後~初冬のおたる水族館 2006年10月28日
冬支度に入っているおたる水族館のアザラシの様子
初冬のおたる水族館のアザラシの様子 2005年11月20日
打ち寄せる波が冬の気配のおたる水族館
夏のおたる水族館 2005年7月24日
おたる水族館のアザラシのえさ争奪合戦!
おたる水族館初訪問 2004年7月18日
海獣界の雄、おたる水族館を初訪問
ゼニガタアザラシの赤ちゃんと野生アザラシ 2005年5月21日
おたる水族館で生まれたばかりの赤ちゃんと野生のアザラシを観察
春のおたる水族館 ゴマフアザラシとゼニガタアザラシプールは阿鼻叫喚 2005年4月24日
海獣界の雄、おたる水族館の様子。程よく暖かくアザラシたちも活発に動いています。
ワモンアザラシの子供とアゴヒゲアザラシの大人
海獣界の雄、おたる水族館の様子をアザラシを中心に紹介します。春うららのおたる。
春のおたる水族館・アザラシのベビーラッシュ! 2005年4月15日
海獣界の雄、おたる水族館の様子をアザラシを中心に紹介します。赤ちゃんの様子も
おたる水族館のアザラシの様子を紹介
海獣界の雄、おたる水族館の様子をアザラシを中心に紹介します

市立室蘭水族館

太平洋側の室蘭市にある北海道最古の水族館。本当に古い施設の水族館なのですが、最近ではむしろそれを売りにして、打って出る節もありますが、私はそのような動きは嫌いではないです。

二度目の室蘭水族館 2005年9月11日
約1年ぶりとなる室蘭水族館の2005年の訪問記録
室蘭水族館初訪問! 2004年10月
客が己一人だった!室蘭水族館を初めて訪問した記録
室蘭水族館のアザラシの様子を紹介
市営でがんばる室蘭水族館の様子を紹介します

サンピアザ水族館(札幌市)

札幌市の新さっぽろ駅とほぼ直結している都市型水族館。札幌駅⇔新千歳空港駅の間にあるので、北海道観光でちょっと余った時間などにも寄ることができます。

街の中の水族館・サンピアザ水族館 2005年7月31日
サンピアザ水族館で暮らすアザラシを紹介
サンピアザ水族館のアザラシ
札幌の街中でがんばるサンピアザ水族館を紹介

ひろお水族館(閉館しました)

十勝地方で太平洋に面した広尾町にあった水族館です。残念ながら2005年11月に閉館しました。ゼニガタアザラシの生息地・襟裳岬からも比較的近く、アザラシ保護活動も行っていた施設でした。北海道のアザラシ飼育施設のうちアザラシ好きなら訪れたい施設ベスト3のうちの1つでした(あと2つはとっかりセンターとおたる水族館)。

兵どもが夢の跡~魚類飼育展示館(旧ひろお水族館)~2006年8月25日
2005年に閉館したひろお水族館の後日談です
閉館日のひろお水族館 2005年11月3日
2005年11月に閉館したひろお水族館の閉館日の様子です
夏休みのひろお水族館 2005年8月15日
広尾町にあるひろお水族館のアザラシたちの様子です。2005年8月に訪問しました。
ひろお水族館(2005年11月閉館)
広尾町にあるひろお水族館のアザラシたちの様子を紹介します

札幌市円山動物園

札幌市西部の円山にある札幌市営の動物園です。大規模な動物園で札幌市民の憩いの場になっています。

旭川市旭山動物園

動物園界のレジェンドの旭山動物園。円柱の中をアザラシが泳ぐ仕掛けなどがあるプールはあまりにも有名です。アザラシはゴマフアザラシのみで飼育頭数も多い施設ではありませんが、展示の仕方で本当に面白く見せることができるのだなと思いますし、実際旭山動物園の成功を見て全国各地でいろいろな展示が試みられるようになりました。

旭山動物園あざらし館再訪 2007年2月13日
旭山動物園のアザラシを真冬の2月に見に行った記録です
旭山動物園のあざらし館内部 2006年1月23日
旭山動物園へ2006年1月にアザラシを見に行ってきた記録です
旭山動物園&冬の屋外撮影
 昨日から旭川市の旭山動物園に行ってました。具体的なアザラシに関する内容は例によってサイトのほうに上げるとして、昨日はとても寒かったです。気温はマイナス6~7度...
旭山動物園の円柱水槽 2005年12月10日
旭山動物園のアザラシを2005年12月10日に見に行った記録です
旭山動物園に行く 2005年2月
旭山動物園のアザラシを2005年2月に見に行った記録です
旭山動物園のゴマフアザラシの紹介
旭山動物園のアザラシ飼育状況を紹介します

秋田県

男鹿水族館GAO

秋田県男鹿市の秋田県立男鹿水族館(通称”男鹿水族館GAO”)。アザラシはゴマフのみですが、ここのアザラシプールは一見の価値ありです。

あと県魚のハタハタの展示が熱いのが良かったです。アザラシだけではなくぜひそちらも。

男鹿水族館GAOその8~ひれあし’s館のアザラシたち②~
ひれあし's館紹介の前半はこちら。 アザラシは水の中では自由自在。陸上生活ではその不器用な動きに愛嬌すら漂う体は水の中では驚くほど俊敏な動きを行い...
男鹿水族館GAOその7~ひれあし’s館のアザラシたち①~
先回までは男鹿水族館全般の紹介でした。先回の記録はこちら。 ここからは男鹿水族館ひれあし's館のアザラシに絞った内容です。 この男鹿水族館のアザ...
男鹿水族館GAOその6~ホッキョクグマ一家~
男鹿水族館の先回の記録はこちら。 2013年現在、男鹿水族館でもっとも注目を集めている動物はこの動物でしょう。 ホッキョクグマ。。。 ただでさ...
男鹿水族館GAOその5~アザラシの給餌~
男鹿水族館の先回の記録はこちら。 給餌の時間が近づいてきたのでひれあし's館の地上部に急いで向かいます。 ゴマフアザラシの給餌はこの日は10:4...
男鹿水族館GAOその4~ハタハタ~
男鹿水族館は秋田の水族館。先回のラストに秋田の魚といえば、、、、と書きましたが、何の魚かわかりますでしょうか。 先回はこちら。 秋田の魚とい...
男鹿水族館GAOその3~魚水槽など~
先回のエントリーではひれあし's館を一通り紹介しましたが、ひとまず順路どおりに男鹿水族館を紹介します。先回はこちら。 男鹿水族館に入館して正面に見...
男鹿水族館GAOその2~ひれあし’s館の地下へ~ 
先回のエントリーに続き男鹿水族館GAOのひれあし's館の内部へ。 先回はこちら。 ずいぶん暗い廊下ですが、壁面のアザラシに誘われて奥へ進むと...
男鹿水族館GAOその1~ひれあし’s館~
いわきから男鹿に移動し、時間は9時ジャスト。 開館したばかりの男鹿水族館に入館します。 外見はずいぶんシンプルな館。建物本体には館の名前すら掲げられていない...

宮城県

マリンピア松島(閉館しました)

宮城県の日本三景・松島にあった水族館です。東日本大震災では大きな被害を受けました。老朽化も著しく、2015年に閉館し、飼育動物などは宮城県仙台市に2015年に開館した仙台うみの杜水族館に引き継がれました。

宮城県・マリンピア松島(2008年7月12日)~リバイバル記録~
北海道を脱出してはや6年半。それなりに北海道外の動物園・水族館に行ってはこのブログに書いていたので、道外のアザラシ記録がだいぶ溜まってまいりました。 せっかく...

山形県

福島県

アクアマリンふくしま

福島県いわき市にある水族館。アザラシもいるのですが、豪快なトドの展示が面白かったです。

アクアマリンふくしま~その6 夕暮れのアザラシプール~
アクアマリンふくしまの一連のコーナーも本記事で最後です。前回はこちら。 さて感心したり驚いたりしながらアクアマリンふくしまを一通り見たころには日も...
アクアマリンふくしま~その5 バックヤードツアー・カワウソ・屋外施設・シーラカンス・・・・~
アクアマリンふくしま特集も「その5」まで来てしまいました。先回はこちら。 いやー、盛りだくさんな水族館で、載せたいことがたくさんありまして・・・。...
アクアマリンふくしま~その4 ふくしまの海~
アクアマリンふくしまの続きです。先回はこちら。 テーマはふくしま沖の潮目の海。暖かい黒潮と冷たい親潮がぶつかる海のこと。多様な魚が取れる豊かな漁場...
アクアマリンふくしま~その3 豪快なトド!~
先回はこちら アクアマリンふくしまのアザラシプールは北の海の海獣・水鳥コーナーということで、トドとエトピリカ・ウミガラスが近所に暮らしています。水...
アクアマリンふくしま~その2 ゴマフアザラシプール~
アクアマリンふくしまのアザラシコーナー。先回の続きです。↓先回。 「北の海の海獣・水鳥」コーナーの一角にいました。本館屋上部にあります。大きなアク...
アクアマリンふくしま~その1 いわきを目指そう~
10月の12日・13日・14日は体育の日の三連休。せっかくの三連休、最近アザラシ分が不足しているのでアザラシ分を補給したい。アザラシを見に北海道に行こうかと思っ...

千葉県

東京都

恩賜上野動物園

日本で一番入場者数が多い動物園である上野動物園にもアザラシはいます。ゼニガタアザラシがカリフォルニアアシカと一緒に飼育されています。

上野動物園と合羽橋道具街・続々編
上野動物園・最終編 前回はこちら 小獣館にいるハダカデバネズミ。この出っ歯、微妙なピンク色でしわしわの肌、短い手足、積み重なっている群れは上...
上野動物園と合羽橋道具街・続編
上野動物園の続きです。 前回はこちら パンダやアザラシ・ホッキョクグマ・トラ。ゾウなどの比較的メジャーな動物が多い東園を後に、ネズミやヤギな...
上野動物園と合羽橋道具街
カレーを作るためにんにくを摩り下ろしていたのですが、我が家のおろし金(金属製ではないけど)はプラスチック製で一人暮らしを始めた頃に買ったものでかれこれ10年以上...
春の上野動物園⑤~ミーアキャット・閉館まで
さて、五回に渡ってお送りしてきた上野動物園シリーズもいよいよラスト。14時に入館し、1時間くらいをアシカアザラシにもう一時間をハダカデバネズミに、その他を移動時...
春の上野動物園④~珍妙なハダカデバネズミの生態
先回に続いてハダカデバネズミ特集。 なんとも珍妙な見た目のこの生きもの。アフリカ東部で地中にトンネルを掘って群れで暮らしているそうな。地中で暮らすことに特化し...
春の上野動物園③~積み重なるネズミたち
さて、アシカやアザラシを堪能した後はいよいよ本日のメイン動物に会いに行くことにします。 本日のメイン動物はアザラシプールより少し歩いてた小獣館にいます。スリ・...
春の上野動物園②~魅せるアシカ・のほほんアザラシ
給餌が終わってもアシカ達は楽しませてくれました。びゅんと飛ぶように泳いでくるカリフォルニアアシカ。屋内から水中を覗く窓が一部設置してあります。 鰭を回転さ...
春の上野動物園①~入館・アザラシアシカプール
3月17日は微妙に私の誕生日。 誕生日を独りで過ごすのは寂しいですので、最近気になる「ある動物」に会うことにしました。最近家族からこの動物に似ているという評判...
恩賜上野動物園「ホッキョクグマとアザラシの海」
1月15日に恩賜上野動物園に行ってまいりました。一番の目的は昨年10月に完成したホッキョクグマとアザラシの海。 上野動物園はアザラシのいない動物園ですのでこの...

しながわ水族館

アザラシを見る!という目的ならおすすめの施設です。2006年にアザラシ専用施設「アザラシ館」を作ったので。このプールも一見の価値ありです。

7年ぶりにしながわ水族館へ
先日しながわ水族館に行ってきました。このブログのタイトルは”海獣記”ですが、久しぶりな海獣です。海獣を見るのは2019年5月のマリンピア日本海に行って以来なので...
まろび出る春
先日から春づいている当ブログ。春はアザラシの世界では繁殖期。人間の世界では変質者の季節。ちんちんを露出する季節です。 しながわ水族館のアザラシも繁殖期のせいか、...
アザラシ飛ぶ春~6年ぶりのしながわ水族館~
春分の日の本日、思い立って久しぶりにしながわ水族館に行ってまいりました。 しながわ水族館のアザラシ館は2006年のアザラシ館をリニューアルした際に展示に写真を提...
しながわ水族館アザラシ館援護射撃
先のエントリで触れたしながわ水族館アザラシ館への援護射撃です。 アザラシ館のでかい写真を載せた新聞記事を見つけました。館内部の雰囲気が伝わると思います。 →読売...
しながわ水族館のお土産
先日のブログで扱ったしながわ水族館についてのおまけです。 しながわ水族館で買ったお土産についてちょこっと紹介します。 まずは売っている状態は下の写真。 これな...
しながわ水族館のアザラシ館に行ってきました
皆様おはようございます。7月に入りましたね。 ここ1~2ヶ月間、私が札幌~東京を往復している暮らしをしていることはここでも何度かお伝えしていました。 東京で何を...

神奈川県

新潟県

静岡県

伊豆・三津シーパラダイス

伊豆半島の駿河湾側にある老舗の水族館。海獣飼育はかなりの規模天然の海を区切ったプールでゴマフアザラシ・カリフォルニアアシカ・キタオットセイを飼育しています。このプールがとても面白い。その他海獣ではトドやセイウチも飼育。イルカもいます。

【海獣記】日本の海獣飼育のパイオニア「伊豆・三津シーパラダイス」へ
夏も盛夏を過ぎ、3歳の娘が「カワウソを見たい」とせがむようになりました。先日訪問した油壷マリンパークや新江ノ島水族館でカワウソ付いているので、その影響もあるのか...

三重県

大阪府

香川県

高松市近郊にある老舗水族館。ゼニガタアザラシが頑張っています。

福岡県

マリンワールド海の中道

福岡近郊にある水族館です。かいじゅうアイランドのプールは面白いです。イルカやクジラ類も飼育されており、私が行った時にはクジラのショーがあって、印象に残っています。

うみなかクリスマスキャンドルナイト「1万本のキャンドルアート」~マリンワールド海の中道⑥~
マリンワールド海の中道を退出し、 駅に向かっていると駅の周りに人だかりが出来ていました。クリスマスイベントで「うみなかクリスマスキャンドルナイト「...
イルカとかハコフグとか~マリンワールド海の中道⑤~
バイカルアザラシにMPを吸い取られた ので、しばらくはカップルとかに愛想を振りまかなそうな魚コーナーでMPの回復を図ります。 ハコフグ。妙に見つ...
いちゃいちゃクリスマスバイカルアザラシ~マリンワールド海の中道④~
2014年になりました。今年も引き続きよろしくお願いいたします。 が、このブログのネタは昨年末のマリンワールド海の中道の話の続きです。。。新年気分では無くて恐...
かいじゅうアイランドの屋外~マリンワールド海の中道③~
かいじゅうアイランドの外に出てきました。 プールの上部からもアザラシを見ることができます。屋外展示を紹介していきます。 マリンワールド海の中道の...
かいじゅうアイランドのゴマフアザラシたち~マリンワールド海の中道②~
マリンワールド海の中道の続き。 ゴマフアザラシたちが暮らすかいじゅうアイランドの内部です。 内部に入ったらこんな光景が広がっていました! ...
福岡の水族館に行ってみよう~マリンワールド海の中道①~
2013年12月23日のクリスマス直前の三連休。仕事で福岡に行く用事があり、半日空いたので、未訪の水族館である「マリンワールド海の中道」へ行くことにしました。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました