海獣

アザラシ

北海道のアザラシの漁業被害が急減していて、衝撃を受けた話

北海道ではアザラシなどの海獣類は漁業被害をもたらす”害獣”という側面があります。 アザラシを含む海獣類による漁業被害について、最新の被害状況が北海道から本年8月に発表され、北海道新聞でも報道されました。記事内容は以下のとおり。 ”海獣の漁業被害額、最少11憶8千万円 北海道内19年度 対策に一定の効果” 道は27日、2019年度...
野生アザラシを見に行こう

野生のアザラシを見に行こう~事前準備と必要な装備~

野生で生きる海獣の姿は海で力強く、やはり水族館や動物園で飼育されているものとは一味違います。きっとその姿を見たら感動できると思います。 そして最近ではITの進歩により情報収集が容易ですし、またウォッチングツアーなども盛んになってきました。なので以前より、手軽に野生の海獣に会うことができる時代です。 ここでは野生の海獣を追いかけ続けた私が捜...
気に入りの生活道具たち

アザラシ捜索&観察の必須アイテム!双眼鏡の選び方

野生のアザラシを探すのに何より必要なアイテムが双眼鏡です。双眼鏡が無いことには遠くの海獣や鳥を見つけることは出来ません。肉眼で見える近距離に野生動物が来るのは相当限られた条件ですし、遠くにいる見慣野生動物を肉眼で探すのは困難。せっかく野生動物を見ようと思うなら、良質な双眼鏡を持っていくと旅が200倍くらい面白くなると思います。 また水族館で飼育...
アザラシ

北海道のアザラシたち~野生アザラシの生息地と飼育施設の訪問記録~

北海道内の野生アザラシ生息地を紹介します
伊豆・三津シーパラダイス

日本の海獣飼育のパイオニア「伊豆・三津シーパラダイス」へ

夏も盛夏を過ぎ、3歳の娘が「カワウソを見たい」とせがむようになりました。先日訪問した油壷マリンパークや新江ノ島水族館でカワウソ付いているので、その影響もあるのかもしれません。 コロナウィルスの感染リスクもなかなか減らない中、公共交通機関を使う移動はやはり避けたいので、自分の車で日帰りできる関東近場の水族館に連れて行こうと思います。 今回は以前から...
新江ノ島水族館

8年ぶりの新江ノ島水族館

新型コロナウィルスの外出自粛もひとまず落ち着いた7月上旬、久しぶりに湘南の新江ノ島水族館に行ってきました。 新江ノ島水族館は新型コロナウィルスの影響で5/31まで休館、現在もショーやふれあいプログラムは中止、入館時に体温の計測、入館者へのマスクの着用を義務付ける、場合寄っては入場制限を行うなど、現在も通常営業とは程遠い状態でした。 ↑エン...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました