海獣

海獣飼育施設

京急油壺マリンパーク訪問【海獣記】

スイス旅の記録の途中ですが、今日は海獣の話。サイト名が海獣記ですから! 今年の海獣初めはこちらになりました。 神奈川県の三浦半島の先っぽにある京急油壷マリンパークさんです。名前のとおり京急グループの水族館です。油壷は「あぶらつぼ」と読みます。 2020年の海獣初めは↓ いい天気の中のんびりしているカリフォルニアアシカでした。 ...
しながわ水族館

7年ぶりにしながわ水族館へ

先日しながわ水族館に行ってきました。このブログのタイトルは”海獣記”ですが、久しぶりな海獣です。海獣を見るのは2019年5月のマリンピア日本海に行って以来なので、約半年ぶり。そしてしながわ水族館に行くのは記録を見返してみたら2012年3月以来。 実に7年ぶりの訪問です。最初に訪問したのは2006年で、次が2012年。6~7年に一回のペースで訪問...
マリンピア日本海

娘、初アザラシ

このサイトのタイトルは「海獣記」。 最近は育児やら家造りやらDIYやら旅の記録や読書など、好きなことばかりしか書いていませんが、このサイトが出来た10年位前は、サイト名も「北海道のアザラシたち」という名前に違わず、北海道の各地で野生の海獣類を追いかけてはその記録をアップしていたのでした。 例えば厳冬の北海道の湖に転がる野生アザラシを探しに...
旅・ウルグアイ

ウルグアイの大西洋岸を北上し、Cabo Polonio国立公園へ~ウルグアイ旅行記5~

プンタ・デル・エステで野生のオタリア?(Sea Lion)を見て、 さらなる海獣パラダイスを求めてウルグアイ東部の大西洋岸を北上します。 やってきたのはプンタ・デル・エステから東へ2時間ほど移動したCabo Polonio国立公園の入り口。といっても、そこはどこだよ、、という感じですが↓の写真のようなウルグアイの牧草地が広がる片田舎に国立公園の入り口が...
読む

fauraのバックナンバーセール(8/23まで)

fauraという北海道の雑誌があります。 ジャンルは自然、しかし美しかったり珍妙だったりするする生き物を中心に組み立てるでもなく、かといってエコでロハスでオーガニックでマクロビアンで、、、といったような人間側の視点からの切り口で自然に切り込むでもなく、素の北海道の自然が伝わってくるような内容です。 バカ売れするような内容ではないかもしれませんが(失礼、、...
小樽市(トド)

トド岩に上陸する野生トド=北海道積丹旅行10=

おたる水族館裏のトドの観察の続きです。 トドが海に入ってしまったので、海面観察は少し休憩にして、祝津の灯台の高台からおたる水族館の様子を見ることに。 朝の開館前の水族館。海獣達は起きているけどのんびりしている様子。 水族館のトドのオスとメス。野生個体もすぐそこで泳いでいるほど小樽の気候は野生のトドにマッチしているのか、トドも活き活き暮ら...
スポンサーリンク