野生のアザラシを見に行く!~観察ルールやマナー・必要な装備品&撮影機材・事前準備~

野生のアザラシの観察ルールや装備

大自然の中で生きるアザラシの姿は、とても力強く、やはり水族館や動物園で飼育されている個体とは一味違います。アザラシが好きな方が、野生に暮らすアザラシの姿を見ることができたなら、一生モノの思い出になり、またアザラシが生息する海の保全や環境に関心を持つきっかけになるはず。

最近ではITの進歩、SNSの発達により、野生動物に関する情報の収集が容易になりました(このサイトで野生アザラシ情報はそれなりに紹介してますし、皆さんご覧になっているとおりです。)また野生動物を見に行く観光ツアー、アザラシウォッチングツアーなども盛んになってきました。なので以前より、手軽に野生の海獣に会うことができる時代です。

ここでは野生のアザラシを追いかける際の観察時のルールやマナー、観察に必要な装備などを実体験を踏まえて紹介したいと思います。

野生の海獣を見るときのルール・マナー

まず、大前提として

アザラシを含む野生動物は人間が大っ嫌いである。人間が彼らの生息地に踏み込むことは、彼らにとってはいい迷惑に過ぎない。人間側からも極力近づくべきではない。

という認識で行動しましょう。私もアザラシを追いかけて長くなりますが、野生アザラシを観察するときはいつもこの認識は忘れず、なるべく影響を与えないようにお邪魔する感覚でおります。

自然の姿の彼らを観察しようと思ったら、いかにこちらの気配を最小限にできるか、影響を与えない距離を保てるかに執心することになります。

「人間と野生動物が仲良く暮らす」というのは幻想、とは言わないでも、お互いのテリトリーを侵しすぎないように住み分ける、くらいが関の山だと考えます。アザラシを見るということは彼らのテリトリーに入っていくこと。また海はアザラシ以外の様々な野生動物(他の海生哺乳類、海鳥、魚、、、etc)が暮らす場ですし、人間が観察する側の陸側も、陸生哺乳類、鳥類、昆虫、植物が暮らす場でもあります。この前提を踏まえて、なるべく影響を与えないような形でアザラシを観察しましょう。

静かに見る。

これは一番重要なルールでもあり、野生アザラシの自然な姿を観察するコツでもあります。

野生アザラシを見つけると「アザラシだーーー!!!」と絶叫する方、「ゴマちゃーん」と大きな声で呼ぶ子供。また手を叩いて音を出す(気を引くようにしている呼んでいるつもりなのかな?)方もいます。

野生のアザラシはぬいぐるみのように可愛く見えてもペットや家畜などの飼育動物ではないので、音を出しても人間に寄って来ることはありません。むしろ、野生のアザラシは人間が出す大きな音や声には驚き、海の中に入るなどで逃げていきます。物音は極力出さないようにしましょう。声以外にも、例えば近くまで車でアクセス可能な場合は、車のエンジン音などにも注意しましょう。

冒頭の繰り返しになりますが、野生動物は人間が嫌い、こっちからも近づくべきものではないでしょう。

派手な動きをしない。必要以上に近づかない。

野生動物は危険を感じたらあっという間に逃げてしまいます。そのためには警戒させないことが重要です。なので、大きな動きをしない、必要以上に近づかないということがとても重要です。

相手が野生の中で生きる生物であることを自覚しましょう。

お菓子のような人間の食べ物を与えない。

これも絶対に守るべきルールです。特にお菓子のような人間の加工食品には野生動物が通常摂取しないような物質も含まれています。(海に暮らすアザラシが人間のお菓子のようなものを食べているわけはありませんよね。)

野生動物が人間の食べ物を貰うことに慣れるとそれに依存してしまい、体調を崩す、狩りをしなくなる等の影響が出て、自力で生きていけなくなることも。ヒグマなどは人間が餌を与える→人間を怖がらなくなる→人里に下りてくるようになる→危険なので害獣駆除される。。。といった悲しい悪循環の事例も。

直接的にアザラシに餌を与えるだけではなく、生息地周辺に人間の食べ物は残さないようにしましょう。

もちろん食べ物以外でも物は与えたりしないようにしましょう。

ゴミを残さない。

海獣に関係なく、アウトドア関係の基本的なマナーですが…。ゴミも全て持ち帰りましょう。タバコを吸う方は、携帯灰皿も忘れずに。

生体・死体を問わず野生のアザラシには触らない。

あまり無いケースだとは思いますが、触ることのできる場所にアザラシがいても触らないようにしましょう。野生のアザラシは寄生虫や何らかの病気を持っている可能性があります。

また野生の海獣は凶暴です。うかつに近づくと威嚇してくることもあります。むやみに捕まえたり拾ったりしないようにしましょう。実際、2007年6月から7月にかけては野生アザラシに近づき過ぎた女性がかまれたり引っかかれたりして救急車が出動するという事故が起きました。

野生の海獣には必要以上に近づかないように。まして触るのは論外です。

衰弱している様子のアザラシを見つけた場合は?

基本的にはアザラシは野生動物であり、弱っていても、むやみに捕獲する必要はなく、そっと見守るのが原則です。

”野生動物の生死に人間が干渉すべきではない、衰弱して死んだとしてもそれは自然のことであり、その死体もまた他の動物の餌などに利用される。”という考えのもと、置するというのも正しい考え方だと思います。(私はこの考え方に近い。)

また野生動物の幼鳥や幼獣が独りでいる場合、近くに親がいる場合がほとんどです。そのような場合、人間が干渉すると育児放棄する可能性がありますので、基本的には幼獣や幼鳥の場合は放置しておくことをおすすめします。

”そうはいっても弱っている生物を見過ごしにできない”という人情も、これはこれで正しい考えだと思います。ひとまず傷ついた鳥獣の保護は行政機関の仕事なので、最寄の市役所・町村役場に連絡し相談するのが手です。最寄の水族館・動物園・獣医さん等の専門家がいる施設に相談するのもありかもしれません。一般の方が捕獲してしまうと法令上ややこしくなったり、衛生面からも推薦されるものではありません。

ただし、上述のとおり野生動物に必要以上に干渉しないという考えのもと、これらの施設や役所が捕獲や救護に動かないというのも正しい一つの考え方だと思います。特にゴマフアザラシは一部地域では増えすぎることによってアザラシによる漁業被害が出ており、場所によっては駆除をしていますので、あらゆるケースで必ずしも保護するべきものか、というのはいろいろな判断がある、、、ということも知っておいて損は無いかなと。

アザラシが嫌いな方、海獣による被害を受けている方など、さまざまな考えにも配慮を。

海獣たちと人間の関係はとても複雑です。わざわざ野生のアザラシを見に海に行く方はアザラシたちに対してプラスの感情をお持ちだと思いますが、すべての人が海獣に対して良い感情を持っているわけではありません。

例えば北海道では海獣による漁業被害に苦しんでいる猟師さんがたくさんおります。アザラシが好きな方もこの点は理解した上で、海獣ライフを送るべきと私は思います。

できればもう一歩踏み込んで、海獣と人間がなるべく共存するためにできることは無いか、自分にできることは無いのかを考えてくださる方が増えてくることを願ってやみません。

野生のアザラシ観察に必要な装備

防寒対策

北海道は真冬は気温が氷点下になるのが普通です。さらに海獣の生息地は海沿いや岬付近が多く、風が強く、体感温度は恐ろしく低くになります。真冬ではない無雪期でも急に寒くなることもあるので油断は禁物です。防寒対策はしっかり!

服装はもちろん冬靴・手袋・カイロなども用意したほうが良いと思います。そして忘れがちなのが「耳」の防寒対策です。北海道の冬で風がある場所では10分も耳を外に晒しておくと痛くてたまらなくなります。耳あてがあれば一番良いのですが、忘れた場合や持っていなくてもタオルやマフラーを巻くだけでも結構防げます。これは海獣観察のための装備というより、北海道の冬の屋外活動(街歩きレベルでも)を行う時は基本のことかなと思います。

双眼鏡(野生のアザラシ観察では必須アイテムです!)

野生の海獣・アザラシ観察時に必須のアイテムが双眼鏡です。値段もピンキリですが、まずは5000~10000円程度の物で十分です。

とはいえ、どのように選べばよいかわかりにくいものです。手ごろな価格(5000円以下から1万円くらい)で手に入る優秀な双眼鏡の選び方についてはこちらにまとめました。参考にしていただけたら幸いです!

ちなみに私が使っているものはこちら。

もっとお値段お安めのとりあえずの物でしたら、PENTAXのタンクローを推します。

撮影機材

野生のアザラシを撮影しようと思ったら、カメラに望遠機能・レンズは必須。まぁこの辺りは私が解説するまでもなく、野鳥撮影の機材などを参考に財力と知識に応じてそろえる物かと思います。それよりここで触れたかったのは以下のドローン撮影のこと。

ドローンによる撮影はやめておくべき

撮影機材でここ最近問題になってきているのが、ドローンによる野生動物の撮影です。私個人は、法的に問題がないとしても、アザラシをはじめとする野生動物へ与えるリスクや周辺への影響を考えるとドローンによるアザラシや海獣の撮影は極力行うべきものではないと考えております。

アザラシ愛好家や写真家が撮影のためにドローンを使っていたとしたら、私はどんなに素敵な映像や写真が撮れたとしても、評価するべきではないと考えます。

もちろん、行政調査や学術調査で、最低限の範囲でドローンを飛ばして調査をする、あるいは漁業者さんが追い払いのためドローンを飛ばす、といったものとは線引きすべきかなと。

(いずれドローンによるアザラシ撮影にフォーカスをしたコーナーを作りたい。。。)

事前準備~事前に集めておく情報はどのようなもの?

野生の海獣はたいてい人間目線ではなかなか行きにくい不便な場所にくらしているので、事前に生息地の情報チェックを入念に行わければなりません。観察できる場所そのものの情報はこのサイトにいろいろ載せていますが、生息地周辺がどのような場所かはご自身でも把握しておきましょう。私は最低でも以下の項目くらいは調べて行きます。これらの情報のリサーチに役立つサイトはこのページの最下部に掲載してあります。

・アクセス方法(生息地までの道・距離・所用時間・公共交通なら時刻表・レンタカーなら営業所とその営業時間)

・当日の天気情報(特に気温・風・波・潮の干満・日の出日の入り時刻)

・平年の天気(特に気温←装備・服装の参考のため)

・付近の人家の有無(人家が無い場合は食料(車の場合、ガソリンも) の準備も欠かせません。)

余裕をもった計画を立て、特に真冬の訪問時は決して無理をしないでください。生息地付近で事故があった場合、助けてくれる人はいないと思って慎重に行動してください。いや、冗談ではなくこんな場所もあるので。。。↓

↑天売島。細い農道をきこきこ自転車を漕ぎアザラシを見に行った。周囲は無人地帯。冬期はほとんど人が通らないので遭難したら春まで気づかれないかも\(^o^)/

上記の情報の他にも
・周辺の観光情報・美味しいもの情報・温泉情報サーチも欠かしません(私の場合)。
魚が主食の海獣たちがうろうろしている≒魚が豊富≒港が近い≒アザラシ生息地周辺の魚介は旨いです。特に北海道は都道府県別温泉の源泉数第三位の温泉大国。アザラシを見た後の冷えた体で入る温泉もまた格別。野生の海獣を見に行く際の楽しみの1つです。

携帯電話は使えなくても大丈夫な前提で

最近では携帯電話の普及に伴い、野生のアザラシを見に行っても「こんなところにも電波が届く」と感動することが多いのですが、北海道のへき地なので結構微妙なところもあります。あまり携帯電話は当てにしないで行動できるようにしましょう。

(現地についてからスマホの地図で確かめる、、、とかそういうのは危ない。)

大きな集落や国道沿いならほとんど問題なく携帯電話は使えると思いますが。。。

海獣捜索の事前情報収集に使うサイト

少し古いサイトも多いのですが、ご参考まで。

気象情報の検索

気象庁|電子閲覧室(過去の20km間隔に設置されているアメダスデータと、気象台によって観測されている過去の気象統計データを最高一時間間隔で検索できます。すごい世の中になったも のです。訪問前に気温等を調べておくと便利です。)

気象庁|潮位表 (文字通り潮の干満を調べるサイト。)

Yahoo 天気情報-波予測アニメーション- (波の高さ・向きはどこの天気予報サイトにも出ていますが、ヤフーの天気情報が優秀なところは波の長 期予報をアニメーションにして波の変化を表示して直感的にわかりやすくしているところです。)

Yahoo 天気情報-風予測アニメーション- (上記の風速・風向きバージョン。)

国立天文台>こよみの計算>日の出日の入り (日の出・日没時間を検索できます。市町村レベルでの検索が可能だけどそんなに細かいのはいらないかも(^^;)

JWA-気象協会(かなり細かい現在の各地の天気情報(気温・降水量・風向・風速)が一 時間おきに更新(多分アメダスと連動している)され、天気予報(風速・風向・波高情報あり)、さらに各地の日の出・日の入り、潮の干満情報まで無料でカバーするサイト。モバイル用もあるのでアザラシ生息地の現場付近でも情報が入手できるので重宝するサイトです。

北海道内各地やアクセス道路の状況を画像で見られるサイト

北海道開発局 道路画像リンク集(北海道各地の国道に仕掛けられ たカメラから現在の道路の画像が見られるページ。道路が凍っているか一目瞭然。トップページのみリンクフリーなので、トップの上記メニュー内から「道路」 →左記メニューから「北海道の道路画像リンク集」へ入ってください。)

北の道ナビ【峠情報】 (北海 道の峠の画像・気温・風向き・路面状態が見られるサイト。厳冬期には重宝します。携帯版あり峠に差し掛かる直前まで情報をチェックできるのでそちらも忘れ ずに。携帯版へは最上部メニューにアクセス方法が書いてあります。北の道ナビトップページでは北海道内 での各市町村間の距離と時間検索もできるので重宝します。)

地図・ルート検索サイト

地理院地図・電子国土(日本国政府が整備している地図。二万五千分の一の地図では等高線も描かれ、岩場に接近するルートなどを検討するのに重宝します。下のGoogleマップでは3次的な地形は掴みにくい・・・)

Google maps (航空写真と連動し現地の岩場の状況なども確認ができる野で重宝します。その他ルート検索が可能で、ご存知ストリートビューで現地の道路状況も結構わかります。あまりに細い道はストリートビューでは写らないけども。スマホではカーナビ代わりに経路検索もできますし。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました