アザラシの基礎的な話

こちらでは日本に生息するアザラシの種類ごとの特徴やアザラシの体の特徴、アザラシとアシカの違いといった基礎的なアザラシの情報や、野生のアザラシ情報、人間とアザラシの関係性やアザラシのために私たちができることなどの情報を集めました。

北海道に生息する野生のゴマフアザラシ

基礎的なアザラシの特徴

アザラシの体の特徴やオスとメスの見分け方

もっとも基礎的な情報です。アザラシの体の特徴やオスとメスの見分け方などを紹介しています。アザラシの顔の特徴や短い脚、表面の様子なども。

日本近海に生息するアザラシの種類ごとの特徴や見分け方

日本近海に住むアザラシ5種(ゴマフアザラシ・ゼニガタアザラシ・ワモンアザラシ・クラカケアザラシ・アゴヒゲアザラシ)の特徴や各種の見分け方などを紹介しています。よく似ているゴマフアザラシとゼニガタアザラシの見分け演習問題も用意しました。

アザラシとアシカの仲間の違いについて

アザラシの仲間とアシカの仲間(トドやキタオットセイ、カリフォルニアアシカなど)の違いについて写真や動画を用いてまとめました。これでもう水族館や動物園でアザラシなのかアシカなのか迷わないはずです。世界に生息する鰭脚類(アザラシ科・アシカ科・セイウチ科)の分類表も記載しています。

アザラシの個性~オホーツクとっかりセンターのメスアザラシ・コムケ~

一見似たように見えるアザラシたちですが、各個体ごとに個性があります。オホーツクとっかりセンターのメスゴマフアザラシ”コムケ”に注目してその個性を紹介します。

北海道のアザラシたち~野生アザラシの生息地の紹介~

北海道は野生のアザラシがたくさん生息しており、北海道各地に野生のアザラシを見られる場所があります。ここでは北海道の野生のアザラシの生息地ごとに私自身が観察した記録を紹介します。

野生のアザラシを観察する!~観察ルールやマナー・必要な装備品&撮影機材・事前準備~

野生のアザラシを観際する準備、装備などを紹介しています。

アザラシと人間の共生のために

アザラシと人間の関係では、アザラシが好きというポジティブな関係だけではなく、ネガティブな関係、様々な軋轢も生じております。アザラシファンとして無邪気に「好き」と言っていられれば良いのですが、一方でアザラシに泣かされている方やアザラシを不愉快に思う方がいるという事実とも真摯に向き合わなければいけません

アザラシと人間が共生していくためにできることは何か、このテーマはアザラシファンの永遠のテーマです。

アザラシと北海道の漁業被害

アザラシの主食は魚介類。アザラシが多く暮らす北海道では漁業との軋轢も生じております。最新情報は以下コーナーにまとめました。

北海道の漁業被害に関する記事リストです。

北海道におけるアザラシによる漁業被害のデータ(2022年版)
北海道のアザラシの漁業被害について・最近被害は減少傾向!?(2020年版)
襟裳岬での漁業被害とゼニガタアザラシ~追加情報~
襟裳岬のゼニガタアザラシと漁業被害について

カナダのアザラシ猟について

カナダで行われるタテゴトアザラシ猟。この猟について、動物愛護団体による激しい反対運動が展開され、2000年代頃にはインターネット上でも反対活動が広がりました。しかしこの動きに当サイトは賛同しないスタンスをとっております。この運動の問題点につては、詳細は以下のエントリーをご参照ください。

関連してカナダのアザラシ猟に関する記事リストです。

カナダのアザラシ猟2013 
ナショナルジオグラフィック2004年3月号
アザラシ猟に流血ペイントで抗議(スペイン)
カナダといえば2010年のアザラシ猟はどうなったのだろう?

人間とアザラシの共存のため、生息地から離れて暮らしている人ができることは?

アザラシと人間が共存していくため、特に生息地の海から遠く離れて暮らすアザラシファンができることはないのか、少し真面目に考えてみました。

タイトルとURLをコピーしました