春の海~娘の海デビュー~

先週の土曜日、三浦半島の葉山に用事があったので、娘を連れ出して海を見せてあげることにしました。2歳の娘はこれまで近くで海を見たことはなく、海を間近で見るのは初めてになります。

この日はとてもさわやかで風もない良い天気。海もべた凪です。見るだけではなく少し磯の生き物も見せてみて娘の反応を見たい。

父ちゃんも母ちゃんも海で遊ぶのが好きです。

パラオダイビングの聖地、ブルーコーナーに潜る~パラオダイビング旅行記6~
野生のイルカと遊んだ後はいよいよ”ブルーコーナー”へ。ブルーコーナーは世界で最も有名なダイビングポイントではないか、、、と思います。パラオ政府観光局サイトのダイビングサイトの一番最初に書かれてあるのがこのブルーコーナーですし、潜るのは国内ばかりだった私ですら名前を知っていましたし、ダイビング雑誌は大体毎号どこかにパラオのことが書いてあり、そこにはブルーコーナ...
真っ白な砂地に拡がる海中の離島~石垣島ダイビング2日目~
昨日に引き続き、石垣島のダイビングの二日目です。 起きた瞬間、宿の窓越しに強烈な南国の日光が部屋に差し込んでおりテンションは上がります。部屋は灼熱だけど。。。 ダイビングは海の中に入ってしまうので、雨の日でも可能なアクティビティですが、やはり海の中の水の青色も海中に差し込む日光も晴れの日のほうが美しく、神秘的です。 宿から宿泊棟からご飯を食べる食堂...

今日はまだ海に入るには早いですが、娘も海好きな子になって欲しいなと思いながら、海岸の波打ち際へ。

最初は海の大きさに驚いたのか母親の腕の中で「怖い」と弱気になっていましたが、徐々に慣れてくると、一人で波打ち際へ。

ふ化したてのウミガメの赤ちゃんが海に入っていくような感覚。

娘、初めて海に触る。

水の冷たさ、さざ波の様子や海岸の小石の具合が面白かったようです。短い手足を精一杯伸ばして水や石に触ろうとします。


水でバシャバシャ。服や靴はびしょびしょになっていますが、まぁ今日は大目に見ます。


頭から海に落っこちないか気が気ではないので、服の裾を気づかれないように摘まんでいます。

娘は海を気に入ったようで、ずいぶん長い時間、午後の斜陽が射す海岸で遊びました。


父ちゃんが磯で集めてきたヤドカリを観察。手をピースにしているのはヤドカリの目の部分がこんな形をしているから、ということを示したいようです。

ヤドカリは初めて見ました。当初「カタツムリ!」と言ってました。間違っているけど気持ちはわかる。


2歳児はじっと待つことがまだ出来なくて、ヤドカリが少し殻から出てきて動くと、捕まえようと手を出しては、ヤドカリは引っ込む、、、の繰り返し。

それでも楽しかったようで「帰りたくない」と日が暮れる寸前まで遊んでいました。
帰りの時間、日が沈む西の海の先にはうっすらと富士山が。

また暖かくなったら海に行きたいですし、小学生くらいになったらスノーケルくらいはさせたいなと夢が広がります。まだお風呂に入るのが嫌で、たまに泣いているレベルですが、、、。

娘が海でたくさんの良い思い出が得られますように、、、と思った穏やかな春の海の一日で、海のデビューとしては悪くない日でした(^-^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました