五歳の娘に初めてのデジタルカメラをプレゼント~子どもに贈るカメラ選びはとても難しかった話~

日常の雑記

5歳になった娘が(デジタル)カメラを欲しがるようになりました。大人たちがスマホやらデジタル一眼レフカメラで自分を撮影するのを見て、自分でも写真を撮りたくなったようです。なんでも大人の真似をしたがる年頃です。

(↓母ちゃんのスマホを借りて、シルバニアファミリーの人形たちの謁見の様子を撮ったりしています。)

5歳の娘がどんな視点で物を見ているのか、どんな写真を撮るのか、親としては非常に興味があります。娘が撮影する写真を通して、娘の視点を見たり記録することができます。当たり前なのですが、娘が5歳の時に何を見ていて、何を撮るのか、それを記録に残せるのは今の5歳の時だけ。
そのように考えると何気ない日常も貴重に思えてきます。
しかし、親のスマホやカメラを使わせるのは、何かやらかしそうで怖いですし、自分専用の物を持たせて管理させる、大事に使わせるというのは教育上の意義もあるように思いますので、思い切って娘専用のカメラを用意してプレゼントすることにしました。

子どもに贈るカメラに求める性能や条件

子どもが使いやすいカメラというのは、やはり大人のカメラとは違うように思います。うちの娘の行動をみていると、、、
・カメラをじっくり構えて、手ぶれしないように写真を撮ることは大変難しい。(無理?
・素直に撮りたいものにレンズを向けて、シャッターを押す。
・カメラを落とすかも
・パソコンやタブレットなどで写真の確認や編集はできない(やらせない)

といった点は考慮した方がよさそうです。この辺りからカメラに求める性能や条件を以下に整理してみました。

①シンプルな操作

これが一番大事な条件かもしれません。難しい設定のないオート設定でシャッターボタンを押すだけでもそこそこの写真が撮れる、、という基本的な事ではありますが、とても大事です。

②軽い

まだ5歳ですからね。父ちゃんの一眼レフカメラを持たせたこともありますが、持って抱えるだけで一苦労。なので軽いカメラがいいです。

③手振れ補正もあった方が良い

室内だろうが、薄暗い夕方だろうが、バンバン写真を撮りそうですし、しかもカメラをしっかり固定して、シャッターを押すことも難しいと思われます。なので手振れ写真を量産することは目に見えています。気休め程度かもしれませんが、手振れ補正があった方が失敗写真は減るはず。

④レンズが明るい

③と同じ手振れ防止のため、なるべくシャッタースピードを稼げるように明るいレンズが良いでしょうね。できればレンズの明るさのF値は3以下のモデルがいいかな、と。

⑤カメラの背面液晶で構図や写真の確認ができる&できればタッチパネルで操作ができる

パソコンに撮影データを取り込んで画像を確認、、とは5歳の娘にはできないので、カメラの液晶で写真を確認できるのは必須。あと産まれた時から親のスマホやタブレット端末をちょいちょいいじっている世代なので、ファインダーを覗いて写真を撮るよりはカメラの背面液晶を見ながら写真を撮る方が直感的に操作できるかな、と思いました。

⑥防水、耐衝撃性能は高い方が良い

落としたりどこかにぶつけたりするでしょうし、もしかしたら水没させるかもしれません。防水や耐衝撃性能は、重要に思いました。しかしこの防水や耐衝撃性能を高めるというのはレンズの明るさや本体の重さとトレードオフになりがちな点でもあります。

⑦子供受けしそうな見た目・デザイン

カメラそのものの性能ではないですが、やはり子供たちが惹かれるような外見をしているのに越したことはないかなーっと。興味の持続性にも関わるようにも思います。

こんなことを考えながら、まずはインターネットで子ども用のカメラを探したのですが、ネットで売られている子供カメラはなかなか衝撃的な内容・商品でした。

「子供用 カメラ 選び」などで検索すると出てくる子供用カメラは”写真を撮る”カメラではなく、撮影機能付きおもちゃでしょー!

Googleなどで「子ども用 デジタルカメラ」「子ども カメラ 選び方」などなどで検索すると、多くのサイトが出てきます。楽天AmazonBICカメラヨドバシカメラなどの定番サイトでも子供用カメラコーナーが設けられたり、売上げランキングがまとめられていますし、「キッズカメラのおすすめ〇選」「子ども用カメラの選び方とおすすめ人気ランキング〇」といったような感じの実際に商品を手に取って比較したわけでもなさそうなのに、やたら選びたがる無責任キュレーションサイトもたくさあります。

このようなサイトがたくさんあることからも子供にカメラを買ってあげようと思う大人(親や祖父祖母)がそれなりにいる事が伺えます。

ただ子供用のカメラ商品をそれなりに見ましたが、結論から申し上げると、私はこの手の子供用カメラを娘にはプレゼントしないなー、と思いました。

なぜならばカメラより、おもちゃとしての機能が重視され、”写真を撮る”というカメラの最大の目的がないがしろになっている商品が非常に多いように感じたので。ゲームがついていたり、変なエフェクト機能やフレーム挿入機能はあるのですが、おもちゃとしては面白そうですが、カメラとして重要なセンサーサイズやF値(レンズの明るさ)の記載が無いのがほとんどで、これ、カメラとして作ってないよね?というものがあまりにも多くて。

製造メーカーもキャノンやリコー、オリンパスといったカメラメーカーではない会社ばかりで、Amazonでは怪しい日本語による説明商品も多く、サクラチェッカーでチェックすると「危険」になる商品が本当に多い。例えばAmazonで子ども用カメラランキング一位の商品も「危険」になるし。

【サクラチェッカー】キッズカメラ子供用カメラ女の子 男の子デジタルカメラおもちゃ 女の子 のやらせ評価/口コミをチェック
やらせ・サクラ評価/口コミは存在するの?キッズカメラ子供用カメラ女の子 男… をチェック!信頼性の高い同価格製品との比較も可能です。

この手の商品は3000円~5000円位の商品が多いようですが、子どものカメラとしては微妙だなーと思いました。

写真を撮ってみたい・カメラに興味を持ち始めた、、、というような子供たちに、ロクな写真を撮影できないおもちゃが流れていきかねない状況が心配です。親が子供におもちゃカメラ(本当はカメラではなくおもちゃと記載すべき)を買う→子どもたちの手に変なカメラが届く→ロクな写真が撮れなくて子供たちががっかり、写真への興味を失う→素敵な芽が摘まれてしまうかもしれません。

通販サイトや家電販売店は物を売らなければ、やっていけませんし、キュレーションサイトや広告収入稼ぎサイトも物を売って収入を得るために作られているので致し方ないところもあると思いますが、買う側はおもちゃを買うのか、カメラを買うのかしっかり見極めたいところです。

子ども向きのデジタルカメラは?

さて、自分の娘へのカメラの話に戻します。”子供用カメラ”には絶望したので、さっさと見切りをつけて、一般向けのデジタルカメラの中から、よさそうな物を娘に贈ることにしました。

上に書いた子どもに贈るカメラの条件や性能①~⑦について、2022年4月現在発売されている製品で、すべてを満たすものはおそらく無いのですが、何個か候補を選ぶとしたらこれらかなと思いました。


レンズのF値が2.0と明るく、手振れ補正アリで防水・耐衝撃性能も申し分なく本命。ただ若干重めなのと多分娘の好みのデザインではない(どちらかというと男の子向け?)。


防水・耐衝撃性能もあり、新品でも価格が抑えめ。花柄デザインの本体などもあり子供受けしそうです。一方で手振れ補正はない。

ただ、いずれも私の経済力では5歳の娘にポンと渡すには躊躇するお値段です。娘よりむしろ自分で使いたいくらいだぞ。

コスパを考えると2010年代くらいのデジタルカメラを中古で入手するのが最適か

コンパクトデジタルカメラはある意味成熟に達した製品というか、スマートホンの撮影機能の向上で、完全に押されていて、2010年代半ばくらいをピークに衰退しつつある市場でもあります。”最近、写真を撮るのは専らiPhoneで、カメラは使わくなった”という方も多いのではないでしょうか。

ヤフーオークションやメルカリなどには、最近使われなくなってしまった2010年代のコンパクトデジタルカメラが数多く流通しています。デジタルカメラの基本的な性能は2010年前後には相当な水準に達しており、この頃のカメラでも5歳児が使うには必要十分すぎる性能を持っています。

スマートフォンに押されて、コンパクトデジタルカメラ自体のニーズが下がっていることもあり、コンパクトデジタルカメラの中古品はかなり安く出品・流通していますので、その中から好きなメーカー・モデルを選ぶのが最適かもしれません。なるべく壊さないで大切にしてほしいですが、仮に壊したとしてもそれほど痛くない値段ということも気分が楽になります。

うちの娘にも、このような現在中古市場でお安くなっているコンパクトデジタルカメラの中から、程度がよさそうな品を探してプレゼントすることにしました。

5歳の娘の初めてのカメラ:Canon IXY 930IS

さて、これまで長々と書いてきたな経緯を経て、うちの娘にプレゼントしたのはCanonのIXY 930ISというモデルです。

2009年発売のIXYシリーズのモデルで、IXYに最初にタッチパネルが搭載された機種。13年前の機種ですが、程度も良くしっかり動いてくれました。ちなみにお値段は2000円でした。安いですよね、、、。(一応、「撮影可能な品」と出品者の方のコメントがあったもの。)

首から下げられるようにストラップを付けて娘に渡しました。このストラップも何かに引っかかったときに首が締まらないよう、強い力がかかったら、途中のプラ部品が外れる(壊れる)ものを選びました。

Canonを選んだのは完全な好みというか、私が昔から使っているメーカーなので説明書など読まなくても大体操作ができるのと、家の他のカメラと電池が共通なので、その辺の管理も楽なと思ったからです。

Canon IXY 930ISを子供のプレゼントに選んだ理由

このIXY930 ISは上に書いた7つの子供カメラに求める性能・条件のうち、以下の6つはクリアしていると思います。

①シンプルな操作
オート撮影モードにスイッチを合わせておけば、面倒なことをしなくても撮影できます。電源ボタンを押してシャッターボタンを押せば撮影可能です。

上面左側のスイッチで動画撮影、高度な設定ができる静止画撮影、オート撮影を切り替えられますが、オートにして娘に渡してあります。なので、電源を入れてシャッターボタンを押せば撮影できると教えてあり、娘もそんな使い方をしています。

②軽い
本体は約130g。5歳児が使うのでも問題ない重さです。このくらいになると、”撮影機能付きのカメラのおもちゃ”より軽いくらいです!

5歳の子供でも簡単に操作できる本体サイズ。操作するにも手が小さすぎるということはなさそうです。↑写真ではマフラーの先についているクマのぬいぐるみを撮っています。

③手振れ補正付き

IXY930ISは手振れ補正機能搭載モデル。

④レンズが明るい
本機のレンズの明るさは最広角でF2.8から。ものすごくレンズが明るいという機種ではないのですが、コンパクトデジタルカメラではF3以上からの物もあるので、まぁ及第点かなと。

⑤カメラの背面液晶で構図や写真の確認ができる&できればタッチパネルで操作ができる
液晶付き&タッチパネル操作可能です。

カメラをタッチパネル操作して、さっそく撮った写真を再生モードにして見せてくれました。こういう操作を覚えるのはさすがに早いです。

⑦子供受けしそうな見た目・デザイン
娘が好きそうなピンク紫色の本体にしました。今のところ気に入っているようです。

ただし、一個だけクリアできなかった条件が、
⑥防水、耐衝撃性能は高い方が良い

というもの。防水・耐衝撃性能が高いデジタルカメラははアウトドアで使うようなカメラで、重い&デザインが男っぽすぎて、娘が気に入らなさそうだな、、、と思ったのと、防水や耐衝撃性能が高いカメラは人気で、中古市場でも価格は高めです。まぁ安いので(今回は2000円)、ぶつけたり落として壊れても懐にはそれほど痛くないか、、、ということで普通のデジタルカメラにしました。

5歳の娘が自分のカメラで撮影した写真(オートで撮影)を紹介

カメラをプレゼントしたら、娘は早速いろいろなものを撮っていました。ブレやボケ写真がやはり多い、、、というよりほとんどブレブレのボケ写真ですが、カメラをプレゼントしようと思った最初の動機「5歳の娘がどんな視点で物を見ているのか、どんな写真を撮るのか気になる」というのは分かるので、面白いし興味深い。また、中にはきれいに撮れているのもあり、10年以上の前のカメラでも高い水準に達しているんだなと改めて思いなおした次第です。

少し娘の作品を紹介します。

これは娘が初めて屋外で撮影した写真。近所を散歩中に撮影したものです。娘は電柱を撮りたかったのではなく、右側のミカンを撮りたかったはず。写真の見上げる角度が身長が低い子供らしい視点なと思います。

シルバニアファミリーの人形を撮影する。

かなり寄って撮影していたと思いますが、人形の質感などちゃんと撮れていると思いました。

これもシルバニアファミリーの写真。目にきれいにピンがあっています。人形にくっついたホコリまで写っている。。。手持ちにすると、ストラップが娘には長すぎるので、下向き写真をにすると右側に写り込む確率がかなり高い様子です。

終わりに

今回は子どもにデジタルカメラを贈りたいという動機から、選ぶ観点から、子供用カメラ(おもちゃ?)製品の問題点、我が家で実際に選んだ機種と、実際に撮影した娘の写真を紹介しました。

お子様にカメラをプレゼントしようかなー、と思われている方の一助になれば幸いです。子どもにカメラを持たせるのも面白いのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました