おびひろ動物園のアザラシの様子

おびひろ動物園

北海道の中央の帯広市にある市営動物園。アザラシの飼育規模は道内最小レベル。アザラシ以外の展示や給餌解説もかなり面白いのでそちらも見 るのをお勧めします。

 

管理人による お勧め度 B

 

営業期間・休業日
(2005年度)4月29日~11月3日

営業時間
4月29日~9月30日:9:00~16:30(入園は 16:00まで)
10月1日~11月3日:9:30~16:00(入園は15:30まで)

アクセス
十勝バス(駅前9番乗り場より約15分)動物園前下車
70系統 大空団地行、73系統 自衛隊経由イトーヨーカドー行

公式サイト
おびひろ動物園

独 断による評価
総得点
12点
評価理由

入場料
4点
大人450円、小中学生無料、年間パスポート900円。駐車場無料とさすが公営動物園

アザラシ
1点
ゴマフアザラシのみ2頭が暮らしています。

展示
1点
普通の浅いプールにぼーんとアザラシが入っています。

企画
3点
給餌解説が盛んな動物園ですのでアザラシの解説もあるのかと思いこの評価です。

施設
3点
アザラシ以外の展示は面白かったです。老朽化が目立つところもあ りますが、旭山方式でがんばっていくことでしょう。


プールはご覧のように浅い小さなプールです。

 


動画(1.4MB)

プールで寝ているアザラシ

 

北海道十勝地方の中心都市帯広市にある市営の動物園です。帯広市 の中心部に近い緑ヶ丘公園にあるのでアクセスは非常に便利です。帯広駅から歩いていくのも可能かもしれません。
動物園自体は中小規模の動物園です。道内ではスタンダードな大きさです。カバ、ライオンのつがい、トラ、キリン、ゾウ、カンガルーなど基本的な人気動物 は押さえてありました。
おびひろ動物園も公営動物園の基本に忠実に老朽化&低予算さは伺えますが(^^;道内の公営動物園は旭山の成功を見てか新しい動きを感じます。おびひろ 動物園でも小鳥・エゾリス・モモンガが放し飼いになっている新しい飼育舎ができていてなかなか楽しかったです。また新しい建物を建てるとお金がかかります が、お金のかからない企画である動物達の給餌解説はずいぶんがんばっているようです。私が訪問した際にも10分くらいごとに「これから○○の給餌解説を行 います」という放送が入っていました。
この姿勢は評価に値するでしょう。
アザラシに関してはゴマフアザ ラシのみのモノクラス編成です。ゴマフ2頭が昼寝をしたり泳いだりしています。
たまにアザラシがプールの中で立ち上がったりしてお客さんに愛嬌を振りましていました。
アザラシの給餌解説については私は見ておりませんが、鬼のように給餌解説の案内を放送していた印象を受けたので、多分アザラシでもやっていると信じま しょう(^^)そう信じての企画3点です。
アザラシに関してはあまり語ることもないのですが、個人的には結構楽しめました。百獣の王ライオンの交尾も見れたし。上の点数はアザラシを軸にした評価 なので低めになっていますが動物園としてはもっと高評価でもいいのかなと思います。アザラシファンを自認する管理人ですが、アザラシ以外の動物の方が印象 に残っている不思議な動物園です。
動画(2.2MB)
立つアザラシ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました