10年目の焼肉の日

本日、8月29日は焼肉の日。

10年前の2011年焼肉の日のエントリーがこちら。

やきにくの日
8月29日は「焼肉の日」。2011年の8月29日は良い焼肉の日。今年は仲間の祝福を受け石垣牛で焼肉です。照れ隠しのセンマイです。 時には仲間と、時には家族と、毎年笑顔で焼肉が囲めますように。二人で一緒に焼肉を食べられますように。子どものころ、夏休みが終わりのこの頃は切ない気分でしたが、これからは焼肉を囲む楽しい日になります。健康じゃなければ焼肉は食べら...

2011年3月11日に震災が発生し世間はまだその影響が色濃く残っていたと思いますが、申し訳ないながらも当時の私は石垣島でのんべんだらりと暮らしていたのですが、そこに妻が転がり込んできて迎えた焼肉の日でした。

以来、十年あっという間だったような気もしますし、ものすごく長くなったような気がしますが、迎えた2021年の本日の焼肉の日。無事に焼肉を食べることができました。

10年前に比べ、明らかに気持ちよく食べられる肉の量は減少に転じ、高級な物を少なめに食べればいい、となっているのは年のせいか・・・

この10年間、大きな出来事を振り返れば、結婚直後に内地に戻って、二人とも新しい職場に入ったり替えたりして、引っ越しも2回くらいして、家も買って、私は単身赴任になったりして、最近ではコロナで世間も大変なのはご存じの通りで、自分たちの価値観も変わってきて、、といろいろあったな、と思います。

中でも私の中で一番大きな出来事と考えるのは子どもの誕生でしょうか、やっぱり。これでガラリと価値観が変わったというか、自分たちも好き勝手やるプレイヤーから後進を育てる側になったんだな、と思います。娘が産まれる前の暮らしは遥か昔の記憶の霞がかかったかのよう。聞いてはいませんが、妻にもこの10年間の最も大きな出来事を問えば、娘のことを答える気がします。

10年前の焼肉時には、10年後の焼肉には私の対面に小さい娘が座って、肉より韓国の餅(トック)を焼いたものを喜んで食べている、、、ということは全く想像もしていませんでした。それどころかあらゆることが想像できていなかったような気がしますし、だから人生は面白いと思えるのかもしれません。

また今日からの10年も、今想像できないことが起こるのだろうな、と思います。固執することはないけども、できるならば10年後も、より少量で高級な焼肉を穏やかに食べられますように。

 

本日の昼間、横浜の野毛山動物園を初訪問しました。

開園70年。10年の7倍。開園時に産まれた子が70歳。私の親とほぼ同い年。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました