スイス旅エピローグ:土産で購入したものまとめ~スイス旅2019⑩~

今回は長かったスイス旅のエピローグ的なまとめで、スイスで仕入れてきたお土産品を紹介しようかなと。

センスがなく、妻から好評を得ることがあまりない私の海外の土産品ですが(悲しい、、、)、今回は以前に購入して好評だったもの&食べ物を中心に買ってきたので外しませんでした!

↓が今回の旅行で土産的なものになります。
順に紹介していこうと思います。

スイス土産その1:DJECOのウサギのペーパークラフトキット


フランスの知育玩具メーカーDJECO(ジェコ)のウサギのペーパークラフト。これはもちろん妻ではなく娘への土産です。3-6歳と書いてあるけど娘は2歳。難易度高いかな?

スイスの地元デパートMANORの書籍?文具?コーナーで購入したものです。7.90スイスフラン(800円強)。

ウサギ状のシルエットの型紙にベルト状の細長い厚紙とデコレーション用のシールのセット。シールを貼ったりベルトを付けたりして遊ぶ。↑写真は買ってきたばかりのころですね。

先週末、ちょうど娘がこれで遊んでいたのでこっそり撮影しました。購入後半年くらい経った頃でしょうか。いろいろなシールがあって楽しいのですが、、、。

なかなかシールが台紙から剥がれない、、、難渋したことがお分かりいただけるでしょうか。

星など複雑な形は完全体で剥がすほうが難しい。ちょっと娘のものを借りてやったのですが大人でもきれいにはがすのは至難の業でした。この辺は日本の製品のほうが行き届いているような。日本のやっすいシールでもここまで難渋するものは見たことがなかったぞ。


とはいえ、それなりに遊んでくれているので父ちゃんもうれしいです。

スイス土産その2:VICTORINOX×MIGROSのナイフ

スイスで有名な企業の一つであるナイフメーカーのVICTORINOXと最大のスーパーマーケットチェーンのMIGROSの製品。極めてスイス人の日常的製品だと思いますが、キザギザの刃が付いたナイフ。
これは私がスイス土産として万人にお勧めしたいもの。安くて実用的で日本でも役立つはず。

実は前回のスイス旅行でもお土産として買って帰ったのですが、あまりにも使い勝手がよく&娘が生まれたこともあり、もう一本買ったのです。


今回購入したのは一本4.95スイスフランのもの。500円ちょいくらい。先回購入したのが二本で12.8スイスフランのものだったので、若干単価は安い。日本に帰ってきてよく見たら先回購入のものより1まわり小型のものでした。切れ味に変わりはなかったです。

スイスのMIGROSで売られているのものと完全一致かわかりませんが似たものは日本でも売られているようです。これはほぼ一緒なんじゃないかな。

created by Rinker
VICTORINOX(ビクトリノックス)
¥999(2020/07/08 22:09:45時点 Amazon調べ-詳細)

このナイフは土産に本当におすすめです。肉に野菜にズバズバ切れます。ステーキとか食べるときにおすすめです。

スイス土産その3:MIGORSの買い物バッグ

これも先回のお土産のリピート。上のナイフと同じくスイス最大のスーパーチェーンのMIGROSの買い物バッグ。
紐の長さが二種類あって長いほうは肩から下げるトートバックのように使えるし、短いほうは普通の手持ちカバンのように使える。ビニール素材の耐久性も高く、4年前に購入したバッグもまだ現役であるほどの耐久性です。なのでスイスに来たらまた買おうと思っていたのでした。一枚2スイスフラン(200円強)という値段も良いのです。これは入国したらすぐに購入し、滞在中の買い出しにも重宝しました。

スイス土産その4:MIGORSのMIRADOR

MIGORSで売られているMIRADORという調味料。やたらスイスの人が料理の下準備に使うという話を聞いた(本当かどうかはわかりません)ので買ってみようかなと。

上で購入したMIGROSのカバンにもこの絵が描かれているからメジャーなものなのでしょうね。物は何といえばいいでしょうかね。香り付きの塩?肉に振りかけて食べるとおいしかったです。公式サイトによると成分は「Kochsalz jodiert, Geschmacksverstärker : Mononatriumglutamat, Maltodextrin, Zucker, Zwiebeln getrocknet, Hefeextrakt, Gewürze, Palmöl, Kartoffelstärke, Trennmittel : E 551, natürliches Aroma. Kann enthalten: Gluten.(google翻訳にぶち込むとヨウ素添加食卓塩、風味増強剤:グルタミン酸ナトリウム、マルトデキストリン、砂糖、乾燥玉ねぎ、酵母エキス、スパイス、パーム油、ジャガイモ澱粉、固化防止剤:E 551、天然香料。 グルテンが含まれる場合があります。)」とのこと。
MIGROSで1.95スイスフラン。大した価格でも量でもないので、買っても困らないものかな。

スイス土産その5:MANORの折り畳みエコバッグ

最終日に行ったスイスのデパート”MANOR”で購入したカバン。普段は左のように円錐状に収納しておいて必要になったら広げられるのです。袋の一角に収納するようなイメージなので、収納袋などもなくコンパクトなのが気に入って購入しました。普段のカバンの中に一個放り込んでいたら重宝するんじゃないかなと思いまして。

このバッグはスイスの主要都市の名前入りのものがたくさんあったのですが、購入したのは自分が実際に訪問したローザンヌ(黄色)とジュネーブ(青色)。ジュネーブのほうに描かれているワイン片手にレマン湖の噴水を眺めるジュネーブマダムデザインが好き(^^) 一個3スイスフランでした。

スイス土産その6:飲食物

食べ物を買っても食べないことが多いのであまり買いません。今回のもわざわざ買ったというより、滞在中に食べきれなかったので持って帰ったというほうが近いかも。
ビールはスイスのビール。チーズはスイス西部のグリュイエールチーズ。真夏の日本に持って帰るのはいろいろな意味でかなり危ない気がしますが、仕方ない。帰国後、全部食べましたが腹痛になったりはせずでした。なお酒もチーズも場合によっては税関で止められますので、お勧めはしない。

オランダ土産:フェルメールのオランダ語本

これはスイス土産ではなく帰国時のトランジットで立ち寄ったオランダ・スキポール空港で購入したフェルメールの本。「デルフトのフェルメール」とでも訳すのかな。

オランダ・スキポール空港は巨大空港で中にはアムステルダム国立美術館が出張している美術館スペースがあるほどです。この美術館スペースはミュージアムショップもあってオランダの巨匠や特徴的なタイルのお土産品が売られています。その中で見つけた本がこちら。
妻へのお土産です。私も妻もオランダ語はさっぱりなので、本の中はよくわからないのですが、眺めている雰囲気だけでも楽しいかなと。ゆっくりオランダにも絵を見たりするために連れてきてあげたいなと思います。

 

今回のお土産は以上!これで長かったスイス旅行のまとめは終わりです。すっきりしました(^^)

コメント