スイス滞在最後&機内で食べるカップヌードルに泣きそうになる~スイス旅2019⑨~

さて、長かったジュネーブ滞在記録も終わり!
(しかしコロナのおかげで2020年3月現在、ジュネーブでは国際会議が飛びまくり、100人以上の集会は開催されなくなっているそうな。。。スイスから日本への入国者も14日間の自主隔離要請が出ています。早く収束してほしいものです。)

スイス滞在最終日は市街で妻と子へ土産を物色して日本へ帰ることにします。先回までのジュネーブ滞在記録はこちら。

ジュネーブ市街散策・観覧車や”壊れた椅子”に衝撃を受ける~スイス旅2019⑧~
スイス旅も佳境。スイス滞在記録の先回はこちら。先回のレマン湖の航海は楽しかった。 スイス滞在は終盤戦です。あとはジュネーブ市内をぶらぶらして、帰国です。 ジュネーブ旧市街をうろうろします。夏のスイスは日が長く爽やか。 石畳の上にパラソルを広げて屋外でビールを飲んだりして過ごしているのは、素敵な雰囲気。簡易的なメリーゴーラウンドも良いで...

昼過ぎの飛行機でジュネーブを離れます。ので、午前中はお土産探しで朝から街へ繰り出します。今日も元気に吹き上がる大噴水が建物越しに見えました。

まずは地元スイスの最大デパートチェーンのMANORにやってきました。なんか面白い土産はないかな、っと思いまして。

食品売り場。夏真っ盛りでスイカが山積みなのは日本と一緒。日本のスイカより細長い。

ちょっと食べてみたいがこの大きさはさすがに逡巡します。スイカ棚の脇の立派なスパイス挽きも気になります。

チーズフォンデュ用の鍋コーナーもありました。

フォンデュ台と鍋。左上のものは台がそり。その下のはスイスの国旗をあしらった柄。見ているだけで楽しいです。しかし地元の方もこんなデザインのものを使うのかな。右側の実用的なデザインのものがやはり一般的なのでしょうか。さすがにフォンデュ鍋を日本に持って帰っても活躍の機会があるとは思えないどころか、妻には怒られそうな気がするので購入には至らずです。

2歳の娘への土産はなんとでもなるのですが、妻への土産は難しい。好みもある上に日本のほうがスイス製品を安く買えたりします。(以前チューリッヒで購入したVictorinoxのナイフが、、、)妻にはあまりピンとくるものがなく、どうしたものか思案しているうちにManorではタイムリミット。空港で何か買うか。

Manorはジュネーブの中心駅・コルナヴァン駅から徒歩圏内。歩いてコルナヴァン駅まで戻ってきました。

ここから空港に向かいます。コルナヴァン駅から空港までわずか一駅。

ジュネーブ空港。

ジュネーブ空港の時計はROLEX!さすがROLEX本社があるスイス・ジュネーブです。

ジュネーブ空港を離陸。良い天気で快適なフライトになりそうです。日本に戻れるとホッとします。

離陸すると眼下にレマン湖が見えます。大噴水もよく見えました。

ジュネーブからの飛行機は行きと同じく、オランダのKLM航空のアムステルダム・スキポール空港行き。1時間半くらいのフライトでローカル線の趣ですが、れっきとした国際線。
ドリンクと軽食のサービスがあり、やっぱりオランダのHeinekenビールを貰います。

ほどなく海岸線が見えてきました。オランダ沿岸の北海のようです。

北海沿岸に車がびっしりと止まっていました。短い夏を満喫しているのかな。

高度を下げている最中に低地のオランダを象徴する運河群が見えた、と思ったらアムステルダムのスキポール空港に着陸です。
ゆったり幅広い運河でまだ現役に使われています。

オランダの空港だけあって、空港のお土産屋にはチューリップグッズが多いです。

しかし生きた球根は日本に持ち込めるのか…???植物検疫を受ければいいのかな?ややこしそうなので購入はしませんでした。夏だったので日本でチューリップを植える季節でもないですしね。

オランダといえばこのキャラクター。

ミッフィーです。2歳の娘もこの絵本を読むので、気に入ったものがあれが娘土産に買ってもいいかなと思ったのですが、うーーん、琴線に触れるのはなく結局買わず。

日本行き便の待ち時間が結構あったのですが、広いスキポール空港で妻への土産を物色したりビールを飲んで酔っ払っているうちに飛び立つ時間になります。成田まで再度オランダ系航空会社のKLMの青い飛行機です。

またヨーロッパに来るのはいつのことかな、と思いつつも、遊び以外ではもう来たくないぞ。

帰りの飛行機ほど解放感に満ち溢れ、楽しいものはないと思います。

欧州から日本に行く便なので機内食も欧米風の見た目、それでもコメを食べるのは久しぶりでほっとします。

私は当然やっすいエコノミーですが、頼める限りの酒を飲み、映画を見まくる(^0^) ”翔んで埼玉”とか見ながら益体もない時間を過ごすのは至高の時。

欧州から戻る便は夜行便。ライトを落とされます。そんなくらい機内でうごめくのは楽しいものです。通路側に座っていたので後ろのキャビンに何度か行っているうちに素敵なものを発見

デザインだけで日本人ならわかる日清のカップヌードル!欧州仕様なので若干味が違うのですが、それでも泣きそうになります。思わず食べかけの写真を撮ってしまうほど、身にします。思わず2個食べてしまったぞ。(写真が粗いのはほぼ真っ暗な機内で撮影したから。)

日本に着陸する2時間前くらいに二回目の食事。

日本に着くのは午前なので酒が出る雰囲気ではないのが無念。朝から酒を飲んだっていいじゃない、と思うのですが、そのような主張をする勇気はなく、お茶を貰います。一回目の食事より軽食です。カップヌードルを二つ食べているのでそんなに腹も減っていないのでいいのですが。

さて、、、この後日本に着くわけなのですが、フライト中はしゃぎまくっていたせいか、急激に眠気が、朦朧としているうちに着陸して、通関して帰国です。

次回はヨーロッパから持って帰ってきたお土産たちを紹介して、長いスイス滞在シリーズを終わりにしようと思います。

404 NOT FOUND | 海獣記
海獣と旅と日常の記録を小さな書斎から発信しています

コメント