男鹿水族館GAOその7~ひれあし’s館のアザラシたち①~

先回までは男鹿水族館全般の紹介でした。先回の記録はこちら。

男鹿水族館GAOその6~ホッキョクグマ一家~
男鹿水族館の先回の記録はこちら。 2013年現在、男鹿水族館でもっとも注目を集めている動物はこの動物でしょう。 ホッキョクグマ。。。 ただでさえ人気の高い生き物ですが、昨年末に赤子が産まれて可愛い盛りの子どもが見られるので人気者です。 お母ちゃんと子どもは同じプールで、走り回っていました。豪快に飛び込む母ちゃん。 ホッキョクグマも肉球が...

ここからは男鹿水族館ひれあし’s館のアザラシに絞った内容です。
この男鹿水族館のアザラシ展示はすばらしく、見ていて飽きが来ません。飼育されているのは日本でもっとも多くの施設で飼育されている、つまりあまり希少さは少ないゴマフアザラシのみの展示ですが、それだけでも十分楽しめるとても良い施設です。
プール清掃用?のホースで遊ぶアザラシ。一番の年長のマリーかな?彼女はホースの水で遊ぶのが好きらしいです。
IMG_1349.jpg
分かりにくいですがホースの先からもやもやしたものが出ていました。薬液なのかお湯なのかよくわかりませんが。
IMG_1360.jpg
地上に出てみると職員さんとマリーがホースの水で遊んでいました。こういうシーンはホッとします。
IMG_1408.jpg
再び水中。
この短い前肢がアザラシの魅力の一つ。
IMG_1452.jpg
プールは中にトンネルも設置されていて構造的にアザラシが回遊したりできるようになっているのですが、、、
トンネルの屋根に引っかかっているやつがいました。
IMG_1466.jpg
引っかかりつつも頭が痒いのか短い前肢で一生懸命頭を掻いていました。水の中でも痒いんですね。
IMG_1472.jpg
私が送る蒸し暑い眼差しに気づいたのか、ハッとこっちを見てきて、
IMG_1474.jpg
また頭を掻くのに戻っていました。
IMG_1476_20131021184746d13.jpg
そうこうしているうちにトンネルに引っかかっていた体が外れ、頭を掻きながら浮かび上がっていきました。。。
IMG_1481.jpg
前足をつばさのようにして泳いでいるように見えますが、彼らの前足は泳ぐ推進力にはあまりつながりません。
、、、何でこんなまじめな顔をしているんだろ。
IMG_1493.jpg
彼らの推進力はこれまた極短い後足と紡錘形の体からひねり出される。
IMG_1521.jpg
この辺でアザラシプールを優雅に泳ぐ動画をば。携帯で撮っているので画質はいまいちですが・・・。


ちょっと違う角度から。男鹿のアザラシはアクリルに体がぶつかるくらい近くに寄ってくれます。
IMG_1564.jpg
だからお客さんの目の前にやってきてこんなに近くに。
IMG_1754.jpg
水もきれいだから、とにかく観察がしやすい。みんなで夢中で眺めてしまいます。人間の子どもがお父さんに気づいた何かを伝えようとしたり。
IMG_1761.jpg
お母さんアザラシが小さい子の前でごろごろ寝てみたり。
IMG_1772.jpg
男鹿のアザラシたちは自由に暮らしています。泳ぐだけで人間を楽しませてくれて、人間は楽しい休日を送る。素敵なことです。
IMG_1801.jpg
男鹿のアザラシの写真は次回もう一回紹介いたします。いやーなかなか面白くて2時間くらい眺めていたので、写真はたくさんあります(^^;

続きはこちら。

男鹿水族館GAOその8~ひれあし's館のアザラシたち②~
ひれあし's館紹介の前半はこちら。 アザラシは水の中では自由自在。陸上生活ではその不器用な動きに愛嬌すら漂う体は水の中では驚くほど俊敏な動きを行います。 あごの下(交尾のときの傷)おっぱいがついていて体色が薄いのでマリーですね。 アザラシは水の中では自由自在。 水面に向かって一気に加速! 翻って水の中へ。 しっかし驚く...

コメント

タイトルとURLをコピーしました