3年モノのabrAsus「小さい財布」と2年モノのクアトロガッツ「小さいふ」の様子

2015年3月21日に投稿した”abrAsus(アブラサス)の「小さい財布」の使用開始2年後の様子”では私が使用する財布であるabrAsusから出ている”小さい財布”の2年間の使用感を、2015年3月31日に投稿した”abrAsus「小さい財布」とクアトロガッツ「小さいふ ポキート」の使用感を比較”では小さい財布と妻の財布であるクアトロガッツが作る”小さいふ”の様子や使用感の比較を書きました。

使用開始から2年経過!「小さい財布・ブッテーロ レザーエディション キャメル」の様子
先日、グッドデザイン賞のサイト()を見ていたら、一つ気になる商品がありました。abrAsus(アブラサス)の「小さい財布」です。これは2年前の春から私も愛用している商品です。 abrAsus(アブラサス)の「小さい財布」 かつては普通の二つ折り財布を使っており、ズボンのポケットに財布を入れておくのが多いので、ズボンが不恰好に膨らんでいました。これがどうも...
abrAsus「小さい財布」とクアトロガッツ「小さいふ ポキート」の使用感を比較
先回エントリーのラストにチラッと書きましたが、私たち夫婦は二人とも国産の極小の財布を使用しています。特にお互いに意識して競ったわけではないのですが、私が使うのは abrAsus(アブラサス)さんの「小さい財布」(ブッテーロレザーエディションの色はキャメル)、妻はクアトロガッツさんの小さいふ ポキート (色はトリコロールブルー)。 両方と...

この2つの記事はこのサイトの中でもトップクラスの人気記事で、検索サイトでキーワード検索をかけて訪れる方が非常に多いのです。小さい財布や小さいふの使い心地や様子、この二つの財布の比較を気にされる方が多いのではと思います。先述の昨年の記事から約1年経ち、その後の財布の様子を紹介しましょう。

私の財布は小さい財布のブッテーロレザーエディションのキャメルで2013年3月の購入、購入後約3年が経過しています。妻の財布は小さいふのポキート、トリコロールカラーで2014年4月の購入後2年が経過しました。使用状況は相変わらず二つとも日常の財布として毎日手に取ってポケットや鞄に突っ込まれています。

ではさっそくその様子を紹介します。まずは私が使用する小さい財布の様子から。 写真にすると1年前とあまり見た目は変わらないかもしれませんが、表面の革の色の濃さは若干濃く、そして表面の艶も強くなったかな。
IMG_4766

革の表面の光沢と強調するとこんな具合になります。↓
IMG_4585

そしてお約束の購入当初の色。ブッテーロレザーエディションのキャメル色の新品のときの色具合はこんな感じです↓(購入したての写真は撮ってないので、amazonのサイトから引用です。)

今の財布の色と比べると似てもに似つかない色ですが、確かに私の財布も購入当初は明るい色をしていました。若干安っぽく見えるくらい明るい茶色で光 沢も弱かったです。革が癖が着いてないので今より丸っこい感じでした。色はものすごい変わりました。

糸のほつれは若干あるものの昨年と比べてもそこまで増えたという感じではないです。まとめてしまうとあまり変化が無いのですが、落ち着いてきたということでしょうか。
IMG_4591

留め蓋を開くと内側にabrAsusの刻印があります。これは先回紹介しなかったような。
IMG_4589

ボタン強度に難がありそうなので外蓋の留めボタンは相変わらず使っていません。
IMG_4590

そうそう、この一年の間に普通の財布ではあまり見舞われない事故も経験しました。それはパラオに行ったとき。滞在最終日前日のこの日はクラゲ泥パックに行くツアーに参加を申し込んでいたのですが、ツアー会社からは”ホテルから水着を着て、すぐに海にはいれる格好で参加して欲しい、、、との指示を受けていたのでした。なので水着のポケットに直接小さい財布を入れてツアーに参加したのですが、、、ご想像通り水着に財布を入れたままパラオの海に飛び込んできてしまいました。しかも最初のアクティビティは美肌効果のある泥パックの海、、、。このエントリーに写っている写真を撮っている頃、私のブッテーロエディションの革で出来た小さい財布も一緒に泥パックの海に飛び込んでいたのでした。

海に浸かってしまったものは仕方ないので、ホテルに戻ってから、財布の中身の米ドル紙幣やカード類も合わせてザブザブと水道水で洗い(洗剤は使っていない)、タオルの上に広げて乾かしたのでした。財布内側も外側も洗浄した水道水をできるだけタオルで拭き取り、乾いた紙幣を何回か入れて水を吸わせては入れ換え、一昼夜タオルの上で乾燥させました。乾かすのにはドライヤーは使わず、日光にも当てず、エアコンの効いた部屋で置いておいただけです。これで財布はほぼ乾きましたし、海に浸かる前と比べちょっと柔らかくなったような気もしますが、色が褪せたり3年間育てた革の艶が失われたりということはなかったのでよかったです。泥パックの美肌効果は多分ない(^^;)

続いては妻のポキート。これも特に1年前とあまり見た目は変わりません。ちょっと色が落ち着いたかな、、、という程度です。縫い目もほつれなどなく美しい。頑丈です。
IMG_4605

2つの財布を並べてみるとこのとおり。一年前とあまり変わりません。
IMG_4612

両財布とも気に入って使っていますので、おすすめできる品です。購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

*追伸この約1年後の二つの財布のレビューをこちらに掲載しています!小さい財布4年目、小さいふ3年後の様子が気になるかたはぜひご覧ください。

4年モノのabrAsus「小さい財布」と3年モノのクアトロガッツ「小さいふ」の様子
このサイトでコンスタントにアクセス数がある地味に人気なコーナー(?)である小さい財布たちの経年変化を観察・紹介するコーナー。 前回の観察は2016年5月6日。アブラサスの"小さい財布"3年ものとクアトロガッツ"小さいふ"2年ものの様子を紹介しました。 アレから約1年3ヶ月現在の二つの財布を紹介しましょう。 アブラサス(abrAsus...

さらにその一年後はこちら。

5年モノのabrAsus「小さい財布」と4年モノのクアトロガッツ「小さいふ」の様子
私たち夫婦が使っている小さな財布の経年変化を追いかけるコーナーです。毎年初夏の定例コーナーで、何気にアクセス数も多い小さなお財布特集。私が使うabrAsusの”小さい財布(ブッテーロレザーエディション・キャメル)”は5年、妻が使うクアトロガッツの”小さいふ(ポキート・フレンチトースト)”は4年目に突入しました。まだまだ現役でがんばって欲しいところなのですが、...

私が使用しており、↑にも出ている「小さい財布」のブッテーロ レザーエディションのキャメル。

「小さい財布」のレギュラーバージョン。カラーバリエーションはブッテーロ レザーエディションより豊富で、しかも安い。機能やサイズも一緒です。

created by Rinker
¥11,850(2019/06/16 07:37:02時点 楽天市場調べ-詳細)

「小さい財布」を出しているabrAsusが出している「薄い財布」。これもアイディアに富んだ製品で私もこっちを買うか悩みました。

created by Rinker
¥14,950(2019/06/16 08:24:54時点 楽天市場調べ-詳細)

本文にも出てくる妻が購入した極小財布はこちら。大阪のクアトロガッツさんが造る「小さいふ ポキート」。abrAsusの「小さい財布」サイズはほぼ一緒です。

コメント