暮らす

雑記帳~団地の日常から~

令和・最初の朝

平成から令和に移った2019年5月の長い連休も終わりました。我が家は実家で令和時代を迎えました。 元号が令和になった5月1日の朝。実家ではいつもどおり、昭和の前半に私の曽祖父が建てた家の囲炉裏に火を入れ、鉄瓶でお湯を沸かし、朝のお茶を飲む日常でした。 令和時代に入って、オサレ田舎カフェや農家民宿でもない一般の家で、このような囲炉裏で好き好んで火を...
雑記帳~団地の日常から~

当サイトの独自ドメインへの移行について

「平成最後の○○」と世の中が騒がしい十連休。今日は平成最後の昭和の日だそうです。平成が終わったら「平成の日」が産まれるのでしょうか。そうなると元号が変わるごとに休日が増えていくことになる?しかし「享保の日」どころか「明治の日」や「大正の日」はないしどうなるのでしょうかね。 さて、私の十連休の前半戦はこのサイトのメンテナンスが大仕事になっています。私も休...
雑記帳~団地の日常から~

春の海~娘の海デビュー~

先週の土曜日、三浦半島の葉山に用事があったので、娘を連れ出して海を見せてあげることにしました。2歳の娘はこれまで近くで海を見たことはなく、海を間近で見るのは初めてになります。 この日はとてもさわやかで風もない良い天気。海もべた凪です。見るだけではなく少し磯の生き物も見せてみて娘の反応を見たい。 父ちゃんも母ちゃんも海で遊ぶのが好きです。 ...
雑記帳~団地の日常から~

山笑う、春告げ魚、春爛漫!

四月の第1週の週末関東地方は穏やかな日が続いており、春爛漫で気持ち良いですね。この過ごしやすく、綺麗な季節はすぐに過ぎてしまうので、娘を連れて近郊の野に出かけます。 山の神社の参道のサクラが満開。日本の穏やかな春の風景です。畑はまだ起こしてません。野良仕事の準備もそろそろ始まろるかな? 菜の花もまだまだ満開です。 菜の花の鮮やかな黄色は...
雑記帳~団地の日常から~

平成30年度と31年度の狭間の春の花たち

しばらく更新間隔が開いてしまいました。 平成30年度の最後で年度を締める仕事、退職や異動される方々との送別を惜しむ宴会という年度末!という感じの業務に明け暮れているうちにあっという間に3月も末日を迎えました。 私はいつもなら仕事が終わって、通勤電車に揺られ自宅最寄り駅に戻ってきて、駅前に近所のスーパー(22時閉店)に寄って、晩酌用のビールやワイン...
気に入りの生活道具たち

時計に興味を持ち出した2歳の娘にプレゼントした腕時計

娘も2歳になり、親のやっていることは何でも真似したがる年頃。一歳半を過ぎた辺りから腕時計に興味を持ったようで、親が時計をしていると「チクタッ!(tick tackから来ている腕時計のこと)貸して」とか言って寄ってきますし、大人の時計を奪おうともしてきます。 お値段の割りに健闘したDAISOの100円時計 娘に大人の時計を渡して、振り回されてもアレなので、...